2009年02月26日

透明な頭って・・・

マイミクのTフジモトさんの日記で知りました〜。
なんじゃこりゃ!?って感じですね(笑)

090223-01-fish-transparent-head-barreleye-pictures_big.jpg

透明な頭をもつ深海魚デメニギス
Richard A. Lovett
for National Geographic News
February 23, 2009
全長15センチほどの深海魚デメニギス(学名:Macropinna microstoma)。緑色の球状部分が円筒形の高感度の眼で、戦闘機のコックピットを思わせる頭部から真上に飛び出ている (写真)。通常の眼の位置にあるのは鼻に相当する器官だ。この写真は23日に公開されたが、撮影は2004年に行われていた。
 アメリカのモントレー湾水族館研究所(MBARI)が、カリフォルニア州中央沿岸部沖の深海で生きたデメニギスを発見した。その軟らかく透明な半球状の眼球が無傷のまま見つかったのは同種では初となる。
 1939年以降、デメニギスの存在は確認されていたが、引き揚げられる途中で魚網に絡んで傷だらけになってしまうのが常だった。
Photograph courtesy Monterey Bay Aquarium Research Institute
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

レーシック:1ヶ月検診編

昨日、神戸クリニックに行って1ヵ月後検診を受けてきた。
視力測定の結果は両目とも1.5。
元々乱視はなく、データシートの数値は全てゼロだった。
(ゼロは遠視でも近視でもない状態。)

大成功だったようで、
「ここまで正確に視力が出るのは珍しいですよ。」
とまで言われた。

「おかげ様でバッチリ見えます。ただ、まだ少し乾燥しやすいのと、それから時間帯によって左右の見え方が少し違うときがあるんですよ。」

と言うと、

「それは疲労が原因じゃないかな。これでピント調整がしやすくなるよ。」

と、ビタミン入り点眼薬を処方してくれた。

光のにじみも、だいぶ良くなったがまだ少し残っていると伝えると、これは人によって差があるそうで、1週間で完全に消える人もいれば、数ヶ月掛かってしまう人もいるようだ。僕の場合、あと1、2ヶ月もすれば完全に良くなるだろうとのことで、気にしなくてよさそうだ。

術後1ヶ月NGだったテニスも先週ようやく解禁〜。
メガネ無しテニスはやっぱり快適。
それから、暗くなってからも割とボールが見えた。

あとは体をシェイプアップすれば結構いけるかも!?
ランニングやストレッチなどちょこちょこやっていたけど、
山歩きもしていないし体力低下は否めないのだ・・・


レーシック:1週間検診編
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 19:40| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

新年会2009

昨日、我が家で新年会を開催しました。
4時頃から10時過ぎまで延々と宴会〜。

やっぱり仲良しメンバーとワイワイやるのは楽しいですね!
お越しいただいた皆さん、どうもありがとうございました。
今年も超ハッピーな1年にしましょう!!

次の企画は山菜&テニスキャンプで決定でーす。
今から楽しみですね〜。

新年会2009.JPG

PS.お酒やお菓子、手作りベーコンや手作りケーキなど、
 沢山の差し入れありがとうございました。
 お酒とかまだ残っていますので、またいつでも遊びに来てください。

 谷さん、本やDVD貸していただきありがとうございます。
 明日以降ゆっくりと観させていただきますね!

関連記事:新年会2008
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 20:34| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

謹賀新年2009

新年明けましておめでとうございます。

年末年始我家全員集合
総員十三名平和賑生活

みたいな感じで。

実家では5人の甥姪が一緒だったわけでして・・・。
みんな5歳以下でまさに遊び盛り。
ゆっくりするどころか、かくれんぼや鬼ごっこで大忙し〜。

「ベロベロベロ〜」とか言って追いかけると、
キャーキャー言って家の中を逃げ回るのです。
捕まえたらお約束の”くすぐり攻撃〜”。

子供たちには伊豆高原のアジアン雑貨屋TALUUで買った
クリスマス・プレゼントと、お年玉をあげてきました。

元旦には親父の墓参りに行ってきました。
あれから4年が過ぎたのか、早いなあ。
最初落ち込んでいた母も、同居中の孫娘3人に囲まれて
悲しみに暮れている暇はなさそう。

風が強かったので、弔いの?凧上げとかしてみたり。
バサバサという音を立てて7連凧が空に舞いあがると
子供たちの歓声が墓地に響きわたりました。

墓参りのあとは田舎のお寺で鐘つき〜。
子供のころ毎年大晦日には祖母の家にみんな集まって、
0時近くになるとこのお寺まで歩いて一人一人鐘をついたっけ。

元旦の昼下がりに除夜の鐘が13回。
今年もみんな健康で素晴らしい一年になりますように・・・


富士山2009.JPG

先週に伊豆スカイラインから撮影。
高く大空を舞うパラグライダーの姿が
今年の自分のイメージにピタリと当てはまった。

100年に一度の世界大恐慌も、夢があれば大丈夫。
着実に取り組んできた資産運用・防衛のおかげで
失業中の身であっても慌てることは何もない。

年間運用収益は給与年収と変わらないレベルになって、
レーシックで視力回復して、家族も皆すこぶる健康で、
これ以上何を望むというのだろう。

もちろん奢りは禁物だ。
初心忘れず常にアンテナを張って世界の流れを先読みし、
上昇気流に舞いあがるパラグライダーのように高く高く飛躍しよう!
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 13:51| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

伊豆でふにゃふにゃ

今週は伊豆で過ごしていました。
クリスマスを含めて4泊5日。

完全オフなのでTVや新聞はほとんど見ず、ブログもホッタラカシ。
温泉、海鮮、DVD(映画)などなど、ふにゃふにゃしてました。

伊豆半島のなかでも特に好きな場所は伊豆高原ですね〜。
美術館やお洒落なお店が沢山あって飽きません。
ここには年に数回訪れていますが、毎回新しい発見があります。

というわけで、今回のふにゃふにゃ旅行で立ち寄った面白スポットを、
伊豆高原を中心にいくつかご紹介させていただきま〜す。

さくらの里.JPG
冬桜。大室山さくらの里にて。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 10:21| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

レーシック:1週間検診編

今日は術後1週間の検診だった。
視力測定の結果、両目とも1.5で変わらず。
目の状態も良く、特に問題なし。

しかし、相変わらずドライアイの症状が強いのと、
強い光がにじんで見えて100%快適とは言えない。

日を重ねるごとに少しずつ良くなっているけど、
車のヘッドライトや街頭の明かりなど
雲がかかったように見えるのだ。

目も非常に疲れやすくなっている。
先月下旬から特別休暇中で、いわば主夫の身なので、
この一週間は無理をせず目を労わる生活だった。
本はほとんど読まず、PCも1日に1〜2時間程度に制限。
それでも夕方以降になると目がしょぼしょぼしてくるのだ。

光がにじむのはまだ角膜の表面が完全に治っていないからで、
先生によれば2ヶ月程度で消えていくはずだとのこと。
目の疲れも慣れれば大丈夫のようだ。

今日から保護用メガネと睡眠時の眼帯は必要なし。
目薬も種類と点滴数が減る。

次回は1ヵ月後検診だ。

その前に一度、富士山の麓にでも行って
冬の星空でも見てくるかな。

レーシック関連記事
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

レーシック:初雪編

今朝は寒くて目が覚めた。
モタモタした手つきで眼帯を解き、
本日第一投目のソフトサンティアを点眼。

それからカーテンを開ける。
白くまばゆい景色に驚いた。

無数の屋根が霜でひかり輝き、
畑も白く凍り、
そして大山と東丹沢には初雪が。

霜2008 1215.JPG

初雪 2008 1215.JPG

レーシック:1週間検診編
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 08:48| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

レーシック:翌日検診編

12/13 PM

手術後は定期検診を受けることになっている。
僕が受けたのはiLasikカスタムビューという手術で、この場合
翌日検診
1週間検診
1ヵ月検診
3ヵ月検診
6ヵ月検診
の5回必ず検診を受けるのだ。

翌日検診では、視力測定と手術担当医による目の診察を行った。
視力は両目とも1.5。
右目のほうが見えにくかったので意外だった。

診察でも特に異常なし。
担当医に右目が見えにくく光がにじんで見えると伝えると、
ベルベゾロンを点眼していれば徐々に良くなるとのことで一安心。

次の検診は1週間後。
それまでは無理をせず安静にしていよう。

PS.メガネのレンズ交換サービスがあって、
 せっかくなのでカラーレンズに交換してもらう。
 1セット3,000円、即日仕上がりです。

メガネ.JPG
愛用していたメガネちゃんたち〜。
左手前の二つをサングラスに加工してもらいました。

レーシック:初雪編
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシック:目覚め編

12/12 手術当日。
帰宅後サクッとブログをアップしてその後とくに何もせず11時過ぎに就寝。
寝るときは眼球保護用の眼帯をテープでグルグル巻きにする。
術後しばらくは眼やまぶたに触れてはいけないのだ。

また、処方された目薬も指示通りに点眼しなければならない。
感染予防のマロメール、
炎症予防のベルベゾロン、
角膜保護・ドライアイ対策のヒアロンサン0.1、
そして人口涙液のソフトサンティアだ。

「翌朝は感動ものですよ〜」

クリニックのスタッフから何度も聞かされていた。
もしもちゃんと見えなかったらどうしよう・・・
不安と期待を抱えつつ、よく眠れるようにと
おやじっちさんにもらったレンドルミン(催眠薬)を1錠飲む。

12/13 翌朝9時起床。

熟睡できて気分は爽快。
しのぶんに眼帯を解いてもらいカーテンを開けてベランダに出る。

大山と東丹沢の山並み
はるか先の煙突とその先からもくもくと吐き出される白煙
連立するマンションの輪郭と窓ひとつひとつ
すっかり葉を落とした木々の細かい枝
風になびく旗
電線の1本1本
屋根をかすめる鳥のはばたき

視界のすべてがクリアに見えた。
まさに新しい世界だった。

レーシック:翌日検診編
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 11:08| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

レーシック:術後編

術後、クリニックの休憩室で20分ほど横になる。
途中そっと目を開けて窓の外を見た。
相変わらず滲んではいるがビルの窓が1枚1枚見えた。

休憩の後に目の状態を診てもらう。
おかげさまでバッチリだった。
術中オレンジ光を見ていることがかなり重要のようだ。

それからフロントで目薬数種類と保護用メガネをもらって、
これで今日はおしまい。
あっけないもんだ。

でも、帰り道は一苦労した。
クリニックを出て恵比寿駅に向かう途中、
目を開けているのがだんだん辛くなってきたのだ。

持参したサングラスをかけてたので眩しさは平気だったが、
強烈な沁みる感が襲ってきて居ても立ってもいられなくなる。
例えるなら玉葱のみじん切りをしているときの感じ。

視界もまだまだクリアではなかった。
左目はほとんど違和感もなく遠くまで良く見えたが、
右目はかなりぼやけて見える。

目をショボショボさせて「こりゃたまらん」とか独り言をいって、
駅ビルのパン屋さんにピットイン。
適当にピザとコーヒーを頼んで席につく。

隣のおばちゃんも
斜め前のお姉ちゃんも
レジのお姉ちゃんも
店内の皆が玉葱のみじん切りでもしてるのか?
ってくらいに目が沁みた。
席についてから最初の5分ほどはコーヒーに手をつけられなかったほどだ。

それでも店内で1時間半ほど休憩すると少し楽になってくる。
余裕が出てきたのでちょいとサングラスを外し、
レジで清算しているミニスカ&ブーツのお姉ちゃんを見てみた。
なかなかかわいい顔してるな、うふふ。

レーシック:目覚め編
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシック:手術編2

最初にまぶたを開ける器具を装着する。
次に眼球を固定する器具を装着。

それから台の左側にある機械を使ってレーザーを照射する。
表面にフラップ(蓋のようなもの)をつくり、それをめくる。
右目に続き左目も同様に行う。

フラップをつくるとき一瞬何も見えなくなり、
めくるとオレンジ色の光がパアッと滲んでみえた。

今度は台の右側にある機械を使って
片目づつ角膜へのレーザー照射を行う。
屈折力を矯正する手術の核心部だ。

「ダダダダッ」と照射音が手術室に鳴り響く。
焦げた匂いが鼻を刺激した。
キン○○が少し縮んだ感じがして、ヘソの上の手にも力が入る。
手の甲と右上腕に添えられた看護婦さんの手も重くなった。

オレンジの光に神経を集中させることおそらく数十秒。
照射音が止まり静けさが戻った。

「いいですよ、とてもいいですよ。その調子で左もいきましょう。」

と先生が言った。

レーザー照射はコンピュータで高精度に制御されていて、
ちゃんと角膜だけを照射するようになっている。
眼球が動いてしまってレーザー照射範囲から外れると
照射が止まるようになっているのだ。
僕は一発で終わった。

目をたっぷりと濡らしてからフラップを元に戻す。
ピンセットとヘラのような器具を使っているのが見えた。

この一連のフローを左目にも施す。
所要時間は両目でわずか10分程度。

「はいこれで終わりです。上手くいきましたよ〜、お疲れ様でした。」

手を握られてそろそろと手術室を出る。
外はとてもまぶしくて、涙目のときのようにぼんやり滲んで見えた。

手術前に準備室で色々お話をしたお姉さんが出迎えてくれる。
このとき初めて、彼女の笑顔がくっきりと見えていることに気がついた。

レーシック:術後編
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

レーシック:手術編

ついにやってきた手術の日。
これで人生が変わる。
新しい世界の扉を開くのだ。

緊張はしていなかった。
むしろ楽しみでしょうがなかった。
準備室でヘッドキャップをかぶり、
麻酔などの点眼薬をしてもらっているときも
看護婦さんから「とても楽しそうですね。」と言われた。

「とにかく手術中はオレンジ色のライトを見ていてくださいね。」

「ええ、任せてください。オレンジ色は大好きですから。」

本当に緊張はしていなかった。
手術室のベッドに仰向けになる直前までは・・・。

前の患者さんと入れ替わりで手術室に入る。
手術室は思っていたよりも暗かった。
それからスタッフが4、5人もいて少し驚いた。

手を支えられながら手術台に仰向けになる。
頭を固定されると急にドキドキしてきた。
いよいよか!

ドキドキしてきたからか、キン○○の上に両手を置きたいと思ったが、
そうすると体制が窮屈になるのでヘソの上あたりに重ねた。
看護婦さんが毛布の上から手を添えてくれる。

先生から簡単な説明を受ける。
そして、手術が始まった。

続く。

レーシック:手術編2
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

やっぱり別格だなぁ

誕生日旅行の締めくくりは、これ。
美しすぎる・・・。

2008 1207 富士山.JPG


PS.母たちへのプレゼントはブティック「フジワラ」@淵野辺商店街で買いました。
 なんとこのお店、イワナ師匠の奥様のお店なので〜す。
 テニスコーチ時代に奥様のいるクラスを担当していたんですよね。
 おかげさまで母たちは喜んでくれました、ありがとうございました。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年一番の冷え込み

日曜日の朝、仙石原にて。
今年一番の冷え込みとなりました。

2008 1207 シダ.JPG
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

レーシック:適応検査・カウンセリング編

子供の頃、僕はとても眼が良かった。
毎年学校で行われる検査では両眼とも1.5。
中1までずっと1.5だった。

田舎育ちで、TVもほとんど見ず、ゲームもしなかったから、
悪くなる要因がなかったんだと思う。

でも、中2のときの検査で0.6まで落ち、
中3で0.4になってしまった。
学校帰りに遠くが見えなくて目を細めたら、
「何ガンつけてんだ」と不良に絡まれたこともあった。

初めてメガネ屋に行ったのは高1のとき。
たしか夏頃だったと思う。
黒板の文字がいよいよ見えにくくなり、
部活でもテニスボールが滲んで見えて、
それで仕方なくメガネ屋に行った。

メガネはちょっと抵抗があったので、
コンタクトにした。
ボシュロムのソフトレンズ。

世界が変わった。
黒板の文字もテニスボールもくっきり見えた。
遠くの女子もよく見えた。
高校生活はまさに順風満帆となった。

高2になり、修学旅行の直前に眼を傷める。
コンタクトレンズの長時間着用が原因。
ここで初めてメガネを買う。
黒ブチの丸メガネ。

今思えば何であんなメガネ選んだんだろうと思う。
修学旅行の写真はどれもダサダサだ。

眼のほうはすぐに治って2週間ほどでコンタクト生活に戻る。

大学に入ってから使い捨てソフトに変更。
面倒な手入れが要らなくなり楽になる。
しかし大学4年のときに再度眼を傷めてしまう。
破れているレンズを着用したのが原因。

ちょうどこの頃から眼が乾くようになる。
ドライアイだ。
コンタクトの長時間使用が次第に辛くなった。

やむを得ずメガネ中心の生活にシフトする。
一番の問題はテニスだった。
練習やレッスンはメガネで行い、
大事な試合にはコンタクトを使うようにした。
そして、いつの日かメガネオンリーとなっていった。

もしも夢が3つ叶うのならば一つは視力を元に戻したい。
中学の頃からそう思っていた。
メガネが馴染んでからはその夢も次第に薄れていったが、
それでも叶えたい夢の一つには入っていた。

その夢の手術「レーシック」については、かなり以前から知っていた。
ここ数年で、僕の周りでもレーシックを受けて成功した人が何人もいる。
昨年の夏にはしのぶんも手術を受けて、
0.1から1.5になって大いに喜んだ。

僕も絶対レーシックをやろう。
やるならサラリーマンを引退してからだ。
パソコンばっかりですぐに視力が低下してしまうと思ったから。

実は今日、レーシックの適用検査・カウンセリングを受けてきた。
病院は、しのぶんが受けた「神戸クリニック」
検査の結果、幸運にも手術の条件が揃っていることを確認できた。
カウンセラー曰く、5人に1人の割合で適用外となってしまうそうだ。

僕は神様からチャンスを与えられた。
与えられたチャンスを無駄にしてはいけない。

今日は検査だけのつもりだったけど、
信頼のある実績と万全なサポート体制に納得して、
その場で手術の申し込みをした。

来週11日、新世界の扉を開く予定。

PS.なぜ”今”なのかは、また別の機会に〜。

レーシック:手術編
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 00:37| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

夕焼けなんだな

朝8時起床。
洗顔と1回目の洗濯をして
晩御飯の残りの
手製牡蠣クリームパスタを食べた。

マーケットをざっと見て
ブログに記事をアップ。

ネットでちょっと調べ物をして
それから電話を2本入れて
いくつかメールを送信。

自転車で郵便局まで行き
年賀ハガキを買って
帰りにスーパーで食材を買った。

2回目の洗濯をして
それからカレー作りを始める。

野菜とお肉を炒めて
圧力で煮込み
原村で買った「ゆめしなの」を精米。
今日は5ぶつき。

シューシュー圧力が終わったので
ジャガイモとカレールーを入れて
さらにコトコト煮込む。

カレーの匂いが部屋に充満してきた頃
ベランダから撮影した。

今日の夕焼け.JPG
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

留学生と市民のつどい@国際学生会館淵野辺

に行ってきました〜。
さがみはら国際交流フェスティバルの一環として、留学生出身国の飲み物が味わえるInternational Cafeや留学生によるパフォーマンスなど企画目白押しのイベントなのです。ちょうど会場に着いたとき、留学生による「ポニポニ?ポニョポニョ?(んぁ?忘れちゃったよ・・)ダンスをみんなで踊ろう〜」中で、いい感じで盛り上がってました。

先月の八ヶ岳イワナ&キノコ企画で仲良くなったレイチェル、やまけん、クラレンスとも再会〜。みんな相変わらず元気だね。それで今知ったんだけど、あのポスターはクラレンスとやまけん(とキョンちゃん:面識なし)が作ったんだ!なかなかやるね〜。レイチェルも赤のチャイナドレスでバッチリ決めちゃってなかなかやるねえ〜。ちょっぴりドキっとしたぞ〜。

それから談話室でチャイを一杯いただき、最後のプログラム「Bloomライブ」を聴く。透明感のあるボーカルとピアノとの響きにウットリしちゃいました。まさに癒し系アーティストですね。Bloomブログを見つけたのでご紹介します。

Bloom
野に咲く花の様に、木々に咲く花の様に音楽の花をあなたに・・・・


学生会館ブログはこちら。

関連記事:第20回ふちのべ銀河祭り(二日目)
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 21:14| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

第20回ふちのべ銀河祭り(二日目)

今日も夕方からお祭りに行ってきました〜。

午後2時から5時までテニスをしてから林君(市民戦ペア)と一緒に会場入りです。林君は麻布獣医大学@淵野辺の現役テニス部で、今日は特別に彼らの練習に合流させてもらったのでした〜。それにしても、今日もマジで超暑かった・・・。昨日の午前にも成瀬テニスクラブにお邪魔して練習させてもらって暑さでバテバテだったのですが、今日はホントにやばいくらい暑かったですね。二日間でおそらく汗5リットルくらいかきました。

会場ですぐに師匠を見つけて林君を紹介すると、
「おお、麻布の学生か!学長とはよく一緒に飲みに行ってんだよ。」

と我々を驚かせて、

「ほれ、これで好きなもの買うといいよ。」

と1000円分の金券を二人分くれました。どうもありがとう♪
生ビールで乾杯をして、それから食べ物も買ってテーブルでモグモグタイム。

今日のお楽しみはジャズ。師匠ってばジャズ好きなんですよね〜。釣りに出かけるとき運転中ずーっとジャズ聴いてます。で、僕も数年前からジャズにハマっているのです。

二杯目のビールを買いに行こうと思っていたら、ステージの前にナガシを発見。高校テニス部&ゼストTCの同期で、大学卒業後ゼストの会員さん(当時私のペアだったYさんの妹)と結婚して、かわいい娘さんが二人いる。高校時代アイドルマニアだったあのナガシが、今や立派なお父さんになっちゃって。昔からクールなところがあるんだけど、当時僕がファンだったM野Y子の写真集(おさがり)を僕にくれたりと本当は心優しい奴なのです。

ナガシと別れたあとに再び友人を発見、高校のクラスメートOだ。彼とは10年くらい前に一緒に八ヶ岳に釣りに行ったことがあったんですよね〜。仕事の帰りに立ち寄ってみたそーで、林君とOと私の3人で会場ブラブラ、ジャズまでの時間を楽しんだ。

ステージの前で師匠の奥様と会って、師匠の妹さんを紹介してもらいました。クリクリした目がそっくり〜!

で、トリとなるジャズ演奏は「エヘラバンド」。ベースのおっちゃん、失礼しました、ベースのおじさんの名前が「佐々木エヘラー俊一」さんで、それでエヘラーバンドみたいです。

銀河祭り4.JPG

なんだかんだいって、やっぱり夏のステージはジャズが一番ですね。サマータイムという曲がよかったです。師匠曰く、本当はアップテンポな曲らしいのですが、師匠のリクエストで?バラード風にアレンジされていてかなりムーディーな曲でした。

銀河祭り5.JPG
閉会の挨拶をする師匠。
「このお祭りは私が42歳のときからやっています。今回が20回目で、私も62歳になりました。死ぬまでこのお祭りをやろうと思ってますので来年もよろしくお願いします。」
と、最後まで笑わせてくれました。

お祭りの締めくくりは国際学生会館@淵野辺の仲間たちとの記念撮影〜。
Oと一緒に駅に向かっていたところ、

「チヂミいかがですか〜?3個で500円です!」

と声を掛けられて、

「おお、チヂミか〜。3個じゃ多いなぁ、でもせっかくだから買っていくか〜!」

とノリノリな感じで答えた。そしたら学生たちは驚くほどハイテンションなリアクションで、ありがとうを連発してくれて、それで僕もノリノリになって、

「じゃあ、せっかくだからみんなで記念撮影でもしよっか!?」

と提案してみると、ぜひぜひ〜と学生たちは更にノリノリになりまして。ラスト3個のチヂミで、僕が買って完売となって、それでみんな大喜びしていたのでした〜。いやあ、なんだか良いことした気分ですねー。

銀河祭り6.JPG
完売と書かれた紙を持つ友人O。
家に帰ってチヂミを食べたらとても美味しかったです。

来年も銀河祭りに行こうっと。

昨日のお祭り記事:第20回ふちのべ銀河祭り
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 23:43| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第20回ふちのべ銀河祭り

ぶんしのと一緒に、ふちのべ銀河祭りに遊びに行ってきました〜。
JR淵野辺駅前の広場に地元企業や商店、学校などが焼鳥やカキ氷などの出店を構え、道路沿いではフリーマーケットも開かれて、炎天下にもかかわらず大勢の人で賑わっていました。

銀河祭りの最大の特徴は、立派な野外ステージがあることですね。会場についたとき、地元の中学校がちょうどブラスバンド演奏を始めたところでした。なんかこういうのって気分盛り上がりますよね〜。

銀河祭り1.JPG
歩道橋の上から撮影〜。

で、さっそく下に降りて岩魚師匠を探す。
え?なんでお祭りで師匠かって?そうです、師匠はなんと、ふちのべ銀河祭りの実行委員長さんなので〜す。釣りや山菜、料理だけではなく、地元の街づくりにも励んでいらっしゃるのですね。マジ尊敬。

師匠はこんな人です。

すぐに師匠を発見して、一緒に出店をまわって生ビールやら焼きイカやら色々ご馳走してくれました〜。そのお礼というわけではないのですが、僕からも中越釣行のアルバム写真をプレゼントすると、この前ここに釣りに行ってきたんだよ、と仲間にも見せて喜んでました。よかったよかった。アルバムをめくりながら、

「しかしあんときは参っちゃったよなあ。そういや昨年ヘリコプターを呼んだ奴があっちにいるんだよ!」

と人混みの中を指差して豪快に笑ってましたね。

ステージでは、今度はキッズ・ジュニア(ほとんどが女の子)のダンスが始まった。お化粧を施してキラキラ衣装に身をまとった娘たちの晴れ姿をお父ちゃんたちがビデオ撮影するという、なんとも微笑ましい光景を見ながら、お嬢ちゃんたちはこの日のために何度も練習してきたんだろ〜な〜、とか、お父ちゃんたちは生き生きと踊る娘の姿を見て感動してるんだろ〜な〜、とか思いつつ、汗をかきかき生ビールをぐびっとな。

4時から隣の駅の歯医者さん(院長が友人)で治療を受けるため、一旦会場を抜け出して5時前に再び会場入り。歯の治療は多少アルコールが入っていても大丈夫っぽいです。院長にもバレてなかったっぽいし。本当はダメなんだろうけど、まあ、バレたとしてもお祭りだったからしょうがないねこれは。

ステージではまだキッズ・ジュニアたちがダンスしてました。ダンス流行ってるのかな?と思ったら、スポーツクラブ「ルネサンス淵野辺」でダンスを習っている子たちでした。なるほどねぇ。

銀河祭り2.JPG
子供がステージで踊る=親が観に来る=祭りが更に盛り上がる という図式でしょうか?

銀河祭り3.JPG
最後の挨拶。

師匠からプログラムをもらったのでスケジュールを見てみると、17:40麻溝台高校バトン部 とあるではないか。ここバトン部、昨年全国大会で特別賞、USA大会全国5位だったそうで、どうもすごいらしい。USAだから全米ではないのか?なんだか意味がわからんぞ??と思いつつも、これは絶対見なきゃいかんですな、うんうん。ぶんしのがステージ前列の席をゲットして、目の前で女子高生のダイナミックでリズミカルなダンスを楽しんだのでした。(羨ましいでしょ?)

数々のダンスを披露してくれたキッズ・ジュニアたちは、ステージギリギリの最前列にずらーっと並んで、お姉さんたちのダンスを一心に観ていました。きっと5年後10年後の自分の姿を想像して、夢を膨らませているのでしょう。

というわけで、明日もお祭り行こうっと。
あ、でも午前中はちゃんとテニスしますよ、来週相模原市民ダブルスですからね。今年は本戦第三シードになってました。(昨年の結果ベスト4)でも実をいうと歯痛で最近まともにテニスできなかったんですよね・・・。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 01:15| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

紫陽花の季節

あじさい.JPG

ご近所さんの紫陽花をパシャリ。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする