2006年09月11日

町田市民大会団体戦 準優勝

2006年9月10日(日) 町田市民大会 テニス団体戦(男子Dx 5)

「王様クラブ」 1部リーグ 準優勝  でした。

1R 3−2 vs Tennis Team B2
SF 4−1 vs 藤の台TC-A
F  2−3 vs (チーム名は・・・?)

ペアはPCB後輩の溝口。新人研修@福井を終えた直後で体重が5kgほど増えたらしく、肌もすっかり白くなってた。天気はバッチリ晴れ。っていうか超暑い。。。もう9月なのになんだこれ。

SFでは昨年の優勝チームと対戦、昨年は0−5で敗れたものの今年見事リベンジを果たしました。我々はD#1で出場して昨年の町田市民男子D優勝ペアに勝利。なんだか分からないけど、サーブが復活しました!いやーよかったよかった。溝口も6−5アップからのサーブをガッチリキープでナイスプレーでした。でも決勝は色々あって二人ともボロボロ、試合にならず。まあ仕方ない。相模原市民、野辺山テニスキャンプ、そして町田市民と、日焼けの重ね塗りでちょっとやばいかも。

というわけで、王様クラブ@成瀬の皆様どうもありがとうございました!近いうちにまたクラブに遊びに行きたいと思いますのでお相手よろしくお願いします。


posted by チームイワナ初代名誉会長 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

テニスキャンプ@野辺山 2006

9月2(土)、3(日) 参加者13名(初参加5名)

高原で爽やかテニスキャンプ。初日は紅白戦、二日目はミックスD大会をしました。朝と夕方にイワナを釣って、晩は宴会で大はしゃぎです。

nobeyama1.jpg

紅白戦とミックス・トーナメントの罰ゲームは”強烈”でしたが、彼らは見事にやってくれました!谷さんのコメント「俺もあと10歳若かったらなあ・・・。」


初日の午前。早めに到着した笹と近所の沢でイワナ釣り。毛鉤に2匹出ました。

nobeyama2.jpg

nobeyama3.jpg

午後からテニス。チーム別けをして紅白戦スタート。アブラチームの円陣&キャプテン飯田アニキのカメラ目線。

nobeyama4.jpg

佐藤のサーブ&ダッシュ。忍者ダッシュっぽい。

nobeyama5.jpg

笹のサーブ&ダッシュ。これは釣りダッシュ。

nobeyama6.jpg

結果は5勝4敗でイワナチームの勝利!罰ゲームはアブラチーム最年少の佐藤に決定。佐藤は3戦全勝なのに罰ゲームという理不尽な結果に。

釣りに熱中して夕食タイムに遅刻した私と笹。
「デカイのがいたんですよー、これを釣るまでは帰れなかったっす」 (笹コメント)

28.5cmのイワナと笹。

nobeyama7.jpg

宴会突入。左から初参加の坂井@PCB1年、常連キング、初参加の山ちゃん。

nobeyama8.jpg

谷さんに梅酒の強制麻酔を注入。一番年上なのに。。。

nobeyama9.jpg

明日もテニスなので、夜中1時にバカ騒ぎを終了したのでした。

翌日午前はミックスダブルス大会。決勝は佐藤・かおりん vs 福島君・小川さんで、4−3で佐藤&かおりんペアの勝利。佐藤なんとここまで5連勝。ノルマの全勝となるか?ビッケはキング&さっちーペアで、キングが罰ゲーム。

ランチタイム@癒し渓。標高1600m、水はしびれるほど冷たく風は爽やか。

nobeyama10.jpg

nobeyama11.jpg

罰ゲームは、この超冷たい渓流で泳ぐというもの。普通の人には絶対ムリ。

佐藤の前転ダイブに一同盛り上がる。

nobeyama12.jpg

スパッツ・キングがこれに続く。

nobeyama13.jpg

「うおー、マジ超冷てー!!!」

nobeyama14.jpg

ランチ後、さっちー&山ちゃんが一足お先に帰宅。また来てねー。

コートに戻ってテニス再開。「僕、釣りに行ってもいいですか?」と、笹が一人で川に出かけた。多分、ラケットよりも竿を握っている時間のほうが長い。

nobeyama15.jpg

みごとに幅広ヤマメをゲットしてニッコリ。

そんなこんなで、あっという間の2日間。皆さんのおかげで非常に楽しいテニスキャンプでした。どうもありがとーございました!!

次回、11月17、18日@箱根 or 伊豆 で企画したいと思いますので、ぜひ予定空けておいてくださいねー。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 00:19| Comment(2) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

相模原市民大会ダブルス 本戦

8月19日(土) 快晴

昨年の覇者、白砂・上舘ペアといきなり1Rで対戦。勝つためのポイントは序盤の出来とサービスキープの二つだ。

トスで勝ちサービスを選び、私のサービスから試合開始。不安材料だった立ち上がりのサービスをなんとかキープ。2−2までキープが続いたが、2回目の私のサーブをブレークされ、林君のサーブも落として2−5ダウン。ピンチだ。しかしここから粘って相手のサービスを2G連続ブレーク成功し5−5に追いついた。キープが続き7−7オールとなって林君のサーブ。アドバンテージ・レシーバーから、ストレートに来たリターンを私がバックボレー、これがポーチに出た動きの逆を取られ、決めきれずにブレークされてしまった。

7−8ダウン、相手サービスをデュースに持ち込むものの、最後は強烈なフラットサーブを打ち込まれて私のリターンがサイドアウト。7−9ゲームセットでリベンジならずでした。泣。

林君ー、また来年がんばろー。

PS.
関処でランチ寿司を食べてたら無性に八ヶ岳に行きたくなりまして。こうなったらもう誰にも止められず(っていうか誰も止める人がいないだけ)、2時頃まで仲間の試合を見て2時半に帰宅、即行シャワーを浴びてテントやら釣具やらをトランクに積み込み3時過ぎに単独出発したのでした。

「傷心釣りツアー」いい気分転換になりました。でも、今回の釣行は色々ハプニングがありまして。。。この続きはまたあとで。

関連記事:相模原市民大会ダブルス
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 19:35| Comment(2) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

相模原市民大会ダブルス

8月5日(土)、6日(日)

相模原市民ダブルスに出場してきた。3年ぶりである。大会の出場資格は「在住・在学・在勤」のいずれかで、参加費はなんと無料、相模原市テニス協会なかなか良いサービスを提供してくれる。本大会は私にとって馴染みの大会で、ダブルスは18歳から30歳まで12年連続で出場して、おかげで沢山のプレーヤーと知り合い、沢山の仲間ができた。テニスをやっていて良かったと思うことは、「たくさんの人と知り合える」ということ。年齢や性別、レベルに関係なく、大勢の人との出会いが人生を豊かにしてくれています。会場で再会できた皆さんに感謝です。

さて、今回のペアは麻布獣医大学現役テニス部の林君。谷さんおきゃだたちの後輩だ。麻布獣医大を一度卒業してから獣医学部に再入学したガッツ溢れる25歳で、昨年の蓼科テニスキャンプで知り合い、今回、谷さんの紹介でペアを組ませてもらうことになった。

本大会は予選と本戦に分かれていて、本戦32ドロー(16ペアがストレートイン)、予選を4回勝てば本戦に行ける。前年の本戦1R勝者がストレートイン。18歳のときに一度だけ予選で敗れたことがあったが、その翌年に谷さんと組んで本戦ベスト16まで行き、それ以来ずっと本戦2R以上をキープしてきた。昨年はお互い不参加で実績がなく予選からの挑戦である。

初めてのペアだから事前に練習しておかねばと、ガット張りをお願いしている中森選手のアレンジで、3回ほど試合会場の横山公園で練習できた。互いの力量とプレースタイルが認識でき、短い期間で信頼関係を構築することができたと思う。

しかし、問題は別のところにあったのだ。それは、「猛暑」。暑い。とにかくもう本当に暑いのだ。昨日の2Rは本当にやばかった。試合は8−2で勝ったが、頭はボーっとするし、足の踏ん張りもきかず、ヘボなプレーを連発。サーブなんて泣きたくなるくらい出来が悪かった。ここ数年インドアかナイターばかりで、仕事も内勤に変わり、完全に夏のテニスを侮っていた。

バテバテになりながら帰りに立ち寄ったゼストテニスクラブで、お世話になっている鈴木ヘッドコーチと話をしたところ、こうアドバイスしてくれた。

「暑さ対策は重要だよ、試合待ちの間に何もしなくても暑さで体力を消耗するからね。空調の効いている建物の中で休んだり、試合後にシャワーを浴びたりして、まめに体を冷やすといいよ。」

というわけで、今日はクーラーバックの中にドリンクの他に凍らしたタオルとバンダナも用意してみた。果たして効果があったのか?3、4Rを勝って無事予選突破となりました。いやー、それにしても本当に暑かったなあ。炎天下のテニス恐るべし、です。今日1日で水分3L以上飲みました、おまけに日焼けでヒリヒリです。

本戦は19日(土)。くじ運のいい林君が、抽選でなんと第1シード直下の#2を当てちゃいました。それはもうみごとな大当たりで、もはや笑うしかありません。だって、第1シードはあの白砂選手なのですから!横浜市民大会のリベンジの機会がこんなにも早く廻ってくるとは・・・。リベンジといっても元全日本ランキング30位台&現役プロコーチなので、普通に考えれば30台半ばのサラリーマンが適う相手ではありません。そこで秘策。白砂選手の所属する大島フラワーTCで盛大なる前夜祭をしてもらって、酒をたっぷりと飲んでもらうのだ。
「彼はお酒飲まないんですよー」4Rで対戦した大島フラワーの選手に言われ、早くも秘策敗れたり。やっぱり玉砕作戦しかないな・・・。

PS.中森選手アレンジの練習会でご一緒している柄沢選手も予選突破、中森・坂本選手は中谷選手(港北区民で対戦)に惜しくも敗退でした。ゼスト後輩の中島は敗退、仕事の合間を縫って参加した菅沼は勝ち残ったのかな??大先輩の田中・高橋ペアが35歳以上で出ているのには驚きました。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

横浜市民大会「一般男子ダブルス本戦」

2006年4月22日(土) @今川公園コート

横浜市民大会に挑戦してきました。本戦は全部で48ドローあって、シード(8ペア)やダイレクト・アクセプタンス(DA)、区推薦のワイルドカードのストレートインが32ペアで、予選勝ちあがりが16ペアの合計48ドローである。私たちは港北区の推薦を受けストレートインとなり、300ドロー以上もある予選が免除となりラッキーなのだ。

空は青く晴れわたり絶好のテニス日和だ。余裕を見て出発したため予定より1時間も早く会場に到着。木々に囲まれた公園は朝陽を浴びて新緑色に輝いていた。ペアはPCB時代の先輩Nさん。港北区民大会に引き続き2大会目の出場である。奥様とつきちゃんも一緒だラッキー。今日は楽しい1日になりそうだぞ。

ところで試合といえばガット。私にとってガットの張り具合は非常に重要で、最近ガットを中森選手に張ってもらうようになり調子がいいのだが、「このガット打球感がちょっと硬いようなのでもう少し柔らかく張れないかな?」と今回24ポンドまでテンションを落としてもらった。前は26ポンドで僅か2ポンド下げただけなのだが、元々かなり緩めに張っているのでこの差は大きい。軽く打ってみたところ非常にいい感触だった。これならいけそうだ。

初戦の相手は若手とオヤジさんペアだ。(我々もオヤジだが・・・)アップでオヤジさんの球を受けたが、フラット系で手元で伸びてくる。若手選手もパワフルなサーブとストロークを打ち込んでくる。アップ後にNさんと「二人とも球が速いですね」と情報交換。

試合は3セットマッチ。スロースターターな私たちにとっては好都合だ。コイントスに負けて若手選手のサーブから試合が始まった。ここでいきなり好リターンが返りブレーク成功。その勢いのままファーストセットを6−2で取った。セカンドセット中盤からミスが増えてシーソーゲームとなり、5−5となる。ここから集中し最後は私のサーブをキープして7−5ゲームセット。

次の対戦相手はハッキリ言って超強いのだ。本大会第3シードで昨年の覇者である星野選手と白砂選手である。二人揃って全日本プレーヤー(全日本選手権大会出場経験者)でありかなりの有名選手なのである。ここは一丁胸を借りるつもりでがんばってみようじゃないか。しかし正直私はチキっていていた。とんでもない奴とやることになったもんだと。。。

待ち時間のあいだポカポカ陽気の下で他の試合をボケーッと見ていると、Nさんから「試合だぞ」と声がかかり、「あれ?試合待機入っていたの?」と少々驚いてしまう。まずはトイレに行ってからバッグとクーラーボックスを持って慌ててコートへ。

ちょちょいとストレッチしてから試合前の3分間アップ、それからコイントスを行い勝ってしまった私は一瞬迷ってサーブを選んだ。ここでコートチェンジとならなければ太陽の位置の関係でNさんからのサーブとなるところ、逆のコートを選ばれてしまって私のサーブから試合が始まった。30−30から相手のドライブボレーとセンターへのリターンエースが決まり初っ端ゲームを落とす。次のゲーム、白砂選手のサーブは強烈であっさりキープされる。Nさんサーブ以降は4G連続キープで2−3となるが2度目のNさんサーブをブレークされ2−4ダウン。次をキープされて2−5。コートチェンジ後ブレークに成功し3−5、私のサーブをラブゲームでキープし4−5。しかし最後は白砂選手のサーブをキープされてファーストセット4−6で落とした。

セカンドセット、Nさんのサーブをブレークされてリードを許す。私は、最初のサーブゲームを落としてしまったもののそれ以降サービス&ボレーが好調で、Nさんのポーチにも助けられ、サーブゲーム4つのうち取られたポイントが1つだけであった。しかしなかなか相手のサーブゲームがブレークできず、3−5ダウンからNさんのサーブゲームを強烈なレシーブを受けてブレークされ、4−6、3−6のストレート敗退となった。負けて悔しいけどこれだけ打ち込まれて負けたのは久しぶりで、ある意味気分スッキリでもある。

反省材料としては戦う前に前評判を聞いており力が入り過ぎていたところががあった。もっと冷静に最初から普段のプレーができていれば少し結果が変わってきたのかもしれない。どんな相手であろうとも「平常心」と「リラックス」が重要だ。

PCB後輩の現役コーチO・Uペアも予選からの出場を果たしたものの初戦敗退。Nさんの同僚コーチK・Mペアも善戦空しくファイナルで敗れた。反対の山にいて別会場となったPCB同期のW(第4シード)は順当に勝ち上がったようだ。

という訳でNさんまた試合があればよろしくお願いします!あ、その前にしのぶんが撮影してくれた試合のビデオ見ながら反省会(ホームパーティー)でもやりませんか?

*画像は後日アップしまーす。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 00:40| Comment(4) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

横浜市14区対抗戦

横浜市の14区対抗戦に出場してきました。チーム構成は男W2本と女W2本、Mix1本で、3本取れば勝ち。昨年の区民大会決勝で対戦したY、Nペアと、準決勝で対戦したTさん(今回はMixで出場)が一緒のメンバーです。女性陣は初顔合わせ、みなさん市内の有名選手のようです。「今年の港北区は強いなあ」「昨年決勝まで行ってるし」なんて会話が。おうっ、それってプレッシャー・・。風邪引いたのか花粉のせいなのか、なんだか前日から喉が痛くて体もだるく、気合を入れようとしても思うようにいかず弱気モードに。。。

メンバー紹介のあとに訓示が行われ、そしてすぐに試合が始まった。初戦の相手は神奈川区だ。我々は男W1で、試合の順番も1番目なのである。しかも6G先取ノーアドで練習はサーブ4本のみ。トスに負けて相手サーブ。これが速い。体が鉛のように重くて思うように動けない。あっさり1−6で負け。なんともはや。。。しかし他のメンバーが全部勝って4−1で勝利。みんな強くて頼もしい限りです。

2回戦の相手は都築区。また初っ端に試合に入る。この相手が初戦よりも強かった!初戦の不甲斐ないプレーに危機感を覚え、コンビニで買ってきた高価なヤル気ドリンク飲み、それが効いたのか?ようやく体が動くようになり少しはゲームっぽくなったものの、3−6であっさり敗退。ああーこれはやばいぞ。。。トップバッターがこんなんではチームが勢いに乗れないではないか。(泣) 善戦空しくMixがやられてしまったものの、見事3勝をあげ準決勝に進出です。みんなすごいぞ。

準決勝の相手は青葉区だ。対戦相手はNさんの知り合いらしい。で、どうも強いらしい。っていうか、各区の#1と対戦するのだから強くて当たり前なのである。そして試合は、あっという間に0−4ダウン。あんれまあ。。。なんとか2−4に追いつき相手のサーブを40−40とし、ノーアド1本勝負。ここでも私のバックリターンがネットダッシュするサーバーのはるか頭上をかっ飛んでいき2−5ダウン。NさんのサーブG、最後のポイントは私の頭上をしゅるりとスピンロブで抜かれてゲームセット。女W1とMixを取ったものの、結局2−3で破れ、前評判の高かった港北区は、我々が大きく足を引っ張りベスト4に終わりました。

まさかの3連敗、しかも全然お話にならない内容で、なんだかもう悪い夢を見ているようでした。チームの皆さん、幹事のIさん、Nさん、役立たずでホントに申し訳ございませんでした。ちなみに女子W1が全勝で、女子W2、Mix、男W2がそれぞれ2勝1敗でした。素晴らしい。

「優勝」という明るいネタを掲載したかったのですが、それも叶わず、激しい自己嫌悪と重い疲れのまま岐路に着きました。シャワーを浴びて横になったらもう何もする気が起きず、強烈に眠くなってきて、そのまま薬を飲んでふて寝しちゃう私。(そして今頃ブログる。)

横浜市民戦に早くも暗雲が。。今年は一から出直しを図ります。Nさん、しょぼい私ですが闇練してきますので見捨てないでくださいねー。つきちゃーん、今度はぜひ応援に来てねーっ!

関連記事:港北区民大会優勝
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

2005年を振り返って:テニス

1年間たいした怪我もなく思いっきりテニスを楽しむことができました。

公式戦ではなんと全勝でした。出場大会は全部で6つ、湘南TP団体戦(2月)、多摩社会人リーグ(春、秋)、都実業団人リーグ(秋)、町田市民ダブルス(秋)、港北区民ダブルス(秋)で、合計で18勝0敗でした。今年はパートナーに恵まれました。

関東同好会団体戦では、P.C.B.は男子準優勝、女子ベスト4と大変残念な結果に終わりました。来年アベック優勝に向けて陰ながらサポートできればと思います。

チームイワナ・テニスキャンプを春と秋にリゾートにて開催させていただき、皆様のおかげで大いに盛り上がりました。今年は春、夏、秋と年3回企画してみたいと思いますのでお楽しみにー。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

団体戦速報(男子決勝2日目):PCB vs 東大トマト

第33回関東学生庭球同好会クラブ対抗トーナメント
12月2日(金)男子決勝2日目(8回戦) P.C.B. vs 東大トマト @有明テニスの森

4勝5敗 で残念ながら敗れてしまいました。
ダブルス2勝2敗 シングルス2勝3敗

命運を分ける最後のシングルス、ファイナル6−7(タイブレーク3−7)でした。


ファイナル6−5アップから試合再開。

PCB05final_2_1a.JPG

ゲームを失い6−6タイブレーク突入。

PCB05final_2_2.JPG

タイブレーク3−3となりコートチェンジ。緊迫した空気のなか選手同士がすれ違う。

PCB05final_2_3.JPG

PCB05final_2_4.JPG

PCB05final_2_5.JPG

ゲームセットの瞬間。

PCB05final_2_6.JPG

PCB05final_2_7.JPG

試合終了直後、泣き崩れる伊崎をメンバーが囲む。

PCB05final_2_1.JPG

PCB05final_2_9.JPG

PCB05final_2_10.JPG

PCB05final_2_11.JPG

PCB05final_2_12.JPG

PCB05final_2_13.JPG

折りしも前日の夜に都内でP.C.B.のOB会が開かれ、チーム創設者から今年卒業したばかりのメンバーまで歴代のOB・OBが一同に集結しました。関東5連覇という偉業を成しとげた黄金時代のメンバーも多く来られ、会は大いに盛り上がったのですが、今年の団体戦のことも当然話題になり、現役メンバーの活躍にみな期待をしていました。

残念ながら男子は2年連続決勝で東大トマトに敗れ、女子は昨年みごと優勝を果たすも今年はベスト4止まりとなりました。最後の団体戦となったメンバーは特に悔しい思いをしたことでしょうが、社会に出てからもそれぞれの「優勝」に向かってがんばっていくのでしょう。優勝はP.C.B.の宿命であり、残されたメンバーはその運命から逃れることはできません。歴代の多くのOB、OGがそうだったように。。。

PS. チームイワナは引き続き現役をサポートしていきます。同じ思いのOB・OGの方も多く、さっそく安田さんから電話をいただき、我々に何ができるか少し話をしてみました。

関連記事:
<2005年>団体戦速報(男子決勝):PCB vs 東大トマト
<2005年>団体戦速報(男子決勝):PCB vs 東大トマト <画像集>
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 13:24| Comment(10) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

団体戦速報(男子決勝):PCB vs 東大トマト <画像集>

第33回関東学生庭球同好会クラブ対抗トーナメント
男子決勝(8回戦) P.C.B. vs 東大トマト @有明テニスの森

<画像集>です。どーんといきます!

溝口のファーストボレー。

PCB05final1.JPG

中央で応援しているのが新人伊崎。このあとに優勝をかけた大激闘を演じることになる。

PCB05final2.JPG

チーム1勝目をもぎとった鈴木が溝口・池田をサポート。

PCB05final3.JPG

激しいラリーの末に大事なポイントを奪う。

PCB05final4.JPG

ダブルス司令塔の長谷部が池田を激励。

PCB05final5.JPG

単複All East塚田と釆見ペア。釆見は永井さんの後輩でもある。

PCB05final6.JPG

PCB05final7.JPG

ファイナルセット、キャプテン柳沼のリターン。

PCB05final8.JPG

ファイナル・タイブレーク、松浦のサービス。

PCB05final9.JPG

大逆転勝利を収めた瞬間。

PCB05final10.JPG

PCB05final11.JPG

会場に駆けつけたOBも勝利を讃える。

PCB05final12.JPG

最後の最後まで踏ん張った平塚だが、悔し涙をながす。

PCB05final13.JPG

All Eastの菊池。最後の1ポイントまで打ち切った。

PCB05final14.JPG

関東同好会チャンプ松沢。2ndセット3オール、ペースの合ってきた相手に対しスライスをうまく使って6−4と突き放した。

PCB05final15.JPG

惜しくも4敗目を喫した是沢。トマトの#1は強かった。

PCB05final16.JPG

4勝4敗から伊崎のシングルス。少人数チームのP.C.B.。人数で圧倒されるも、現役、OB、OGが一丸となり伊崎を支える。

PCB05final17.JPG

このあとスコアは1−3ダウンに。

PCB05final18.JPG

緊迫した雰囲気の中で息の詰まりそうなラリーの応酬が続く。伊崎がポイントを取りチームが盛り上がる。

PCB05final19.JPG

4−5ダウンのコートチェンジ。ここから必死に食い下がって6−5リードとする。

PCB05final20.JPG
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

団体戦速報(男子決勝):PCB vs 東大トマト

第33回関東学生庭球同好会クラブ対抗トーナメント
11月28日(月)男子決勝(8回戦) P.C.B. vs 東大トマト @有明テニスの森

4勝4敗 1サスペンド
ダブルス2勝2敗 シングルス2勝2敗1サスペンド

まさに死闘、決勝戦にふさわしい展開となりました。
半休を取って午後から私も会場入り。だって、会社にいても試合のことが気になって仕事になりませんから。。。

さて、試合内容を振り返ってみましょう。まずはダブルスから。前キャプテン長谷部・鈴木が最初の1勝目をもぎ取ります。現キャプテン柳沼・松浦ペアは大接戦となり、ファイナル5−6ダウンとなってしまいます。相手サービス40−0のトリプル・マッチポイントという大ピンチを迎えるもののこれを挽回し、タイブレークで見事逆転勝利を収めました。週末一緒に練習を積んできた溝口・池田は、健闘したもののファイナル・タイブレークで惜しくも敗退、ポイントゲッターの塚田・釆見はファイナル4−6でまさかの黒星となりました。
シングルスは、平塚がAll East選手を相手に激戦の末ファイナルで敗れ、是沢も東大#1プレーヤーにあと一歩及ばず、無念の敗退。松沢と菊池はパワーで押し切ってストレートで勝利です。

4勝4敗となり最後に残ったのが1年生プレーヤー伊崎のシングルス。6−4、0−6の1セットオールで迎えたファイナルセット、チーム全員で伊崎を応援です。強敵を相手に持ち味の粘り強いプレーを展開、お互い一歩も譲らずスコアは5−5。時刻は夜8時半をまわりました。ここから伊崎がしぶといプレーを連発して相手のサーブをブレーク、6−5アップ!が、なんとここでタイムアップ、サスペンドとなりました。(コートが9時までしか使えないのだそうです。)

さあ、泣いても笑っても残り1試合です。昨年の雪辱を晴らすべく、チーム一丸となって全力を尽くし絶対に優勝しよう!!

*今日の画像は別途アップします。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

団体戦速報(男子準決勝):PCB vs 東大ウィークエンド

第33回関東学生庭球同好会クラブ対抗トーナメント
男子準決勝(7回戦) P.C.B. vs 東大ウィークエンド @松戸テニス倶楽部

5勝0敗 2サスペンド でP.C.B.が勝利です!!
ダブルス4勝0敗 シングルス1勝2サスペンド

私も会場に出向きまして応援参加させていただきました。チーム一丸となり、昨日惜しくも敗れてしまった女子のぶんまで戦っていた、そんな気迫を感じました。

長谷部・鈴木、塚田・釆見、柳沼・松浦が強敵ペアにいずれもストレート勝ち。溝口・池田のダブルスと、シングル#5伊崎がファイナルセットにもつれている間に、シングルス#4で出場した大黒柱の松沢が6−0、6−0であっという間にゲームセット。そのすぐ後に溝口・池田が6−4で勝って決勝進出を決めました。

決勝の対戦相手はCAFT戦を勝ち上がってきた宿敵、東大トマトとなりました!28日(月)@有明テニスの森 で今年最後の大勝負です。

PCB.jpg

posted by チームイワナ初代名誉会長 at 19:29| Comment(4) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

団体戦速報(女子準決勝):PCB vs 日大文理(2日目)

団体戦女子準決勝、2勝2敗となりサスペンドとなっていた最後のシングルスが先ほど終わったそうです。健闘したものの力及ばず、ファイナル4−6で敗れてしまったとのことです。

セカンドセット5−6ダウンから再開された今日の試合。最初のポイントでいきなり16分もの打ち合いとなり、1ゲームだけで30分以上かかったそうです。1セットオールで迎えたファイナルセットも粘るテニスに徹し、4−4までもつれるものの、あと一歩及びませんでした。ファイナルに突入したのが10時40分過ぎでしたから、ファイナルセットだけで5時間とまさに死闘を演じていたことになります。

メンバー全員の想いを背負って最後まで戦い抜いた今野。プレッシャーに押しつぶされそうになりながらも、それこそ1球1球に魂をこめて精一杯ラリーをしたに違いありません。そんな姿を思い浮かべると目頭が熱くなります。

関連記事:団体戦速報(女子準決勝):PCB vs 日大文理
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

団体戦速報(女子準決勝):PCB vs 日大文理

*11月21日(月)開催分です

第33回関東学生庭球同好会クラブ対抗トーナメント
女子準決勝(7R) P.C.B. vs 日大文理 @松戸テニス倶楽部

2勝2敗 1サスペンド
ダブルス0勝2敗、シングルス2勝1サスペンド(6−0、5−6)

サスペンド分の続きは25日(金)@ららぽーと です。ここまできたら技術ではなく精神面での戦いでしょう。現役メンバーはみな数々の試練を乗り越えてきたのだから、絶対に勝てるはず。最後まで自分とチームを信じていこう。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

団体戦速報(男子準々決勝):PCB vs 慶應バロニィ 

第33回関東学生庭球同好会クラブ対抗トーナメント
男子準々決勝(6回戦) P.C.B. vs 慶應バロニィ @昭和の森

6勝0敗 1サスペンド でP.C.B.が快勝しました!

準決勝は26日(土)@松戸テニス倶楽部、対戦相手は東大ウィークエンドです。次も絶対勝つぞ!
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

団体戦速報(女子準々決勝):PCB vs 早大理工

第33回関東学生庭球同好会クラブ対抗トーナメント
女子準々決勝(6R) P.C.B. vs 早大理工 @舎人公園

3勝0敗 でP.C.B. がストレートで勝利しました!スコアもグレートです。シングルス#2と#3は温存した格好となりました。

ダブルス#1:6−2、6−0
ダブルス#2:7−5、6−0
シングルス#1:6−0、6−1

女子準決勝の相手は日大文理です。
男子は準々決勝で慶應バロニーとの対戦となりました。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

団体戦速報(男子5R):PCB vs 法政ローン 

第33回関東学生庭球同好会クラブ対抗トーナメント
男子5回戦 P.C.B. vs 法政ローン @ららぽーと

5勝3敗 1サスペンド でP.C.B. が勝利しました!
ダブルス2勝2敗、シングルス3勝1敗、1サスペンド(1st 6−2)

法政ローンの前評判はかなり高く、これが事実上の決勝戦とも言われていました。聞くところによれば、ダブルス・メンバーにインターハイ選手をずらりと揃えて4本全部取りにきて、最後にシングルスを1本取るというオーダーなのだそうです。ダブルスを2勝2敗としてシングルスにバトンタッチできたのが良かったのでしょうか。シングルスの3勝はいずれもストレート勝ち。#1の松澤は昨年インターハイベスト16の新人選手と対戦、6−2、6−3で破ったというからさすがです。

今日は朝からソワソワしてまして、お昼頃にはもう気になって気になってしょうがなかったですよ。いやー本当によかったー。みんなおめでとう。

PS.女子も順当に初戦(4R)を勝ちあがっています。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 16:29| Comment(2) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

港北区民大会優勝

前日のH社テニス部合宿@七沢温泉、宴会ですっかり盛り上がってしまい、不覚にもグルグル酔っ払ってしまった私は帰宅を断念。ひどい二日酔いのまま今朝8時に宿を出発、新横浜駅まで電車で移動です。二日酔いのあとの乗車は本当にキツイ。愛甲石田、町田、新横浜の各駅トイレに青い顔で駆け込む。試合会場三ッ沢公園のトイレを含め4度のピットインで胃腸はすっかり空っぽに。

3Rの相手はなんとDEF、超ラッキー。水と一緒にサンドイッチを一切れ喉に押し込んでようやく一息つく。ここは体力が回復するまで時間を稼ぎたい。しかし30分も経たないうちにQFが入ってしまった。。。

対戦相手の一人、またまた過去に対戦したことのある人である。あのときはギリギリ競り勝ったが。。。
いざ試合開始、案の定ぜんぜん体が動かない。ダブルフォルトは3発もするし、リターンもまったく入らずあっという間に0−3ダウン。「調子に乗って呑むんじゃなかった、予定どおり晩のうちに帰ればよかった。」と自己嫌悪。今すぐ布団に横になれたらどんなに楽だろうかと一瞬思うが、そんなことできやしないし、ここで負けたらNさんに申し訳がたたない。
コートチェンジでNさんの表情が変わり、その表情に励まされ私も根性入れる。5Gを連取して5−3リードとするが、6−6に追いつかれてしまう。が、なんとか最後の2Gを踏ん張って8−6で勝利。一時はどうなるかと思いました。

その後30分以上休養を取ることができ、サンドイッチの残りとおにぎり1個を胃の中に押し込み、徐々に体調も回復。食べたら気力も充実してきたぞ。

次はいよいよSF、今度はちょっと手強いです。昨年の覇者+今年の全日本ローン出場選手(ベテランの部ですが)。彼らのQFをちょこっと偵察したのですが、これぞまさにダブルスという堅実なプレーでスコアも8−0と全く相手を寄せつけず。それほど球威はないけどスライス・リターンとボレーの切れ味がすごい。これは厄介です。

スロー・スターターな私たち、Nさんのサーブをいきなりブレークされ0−2ダウン。私のサーブゲーム、速いサービスを打ってもライジングで厳しいコースに返されてしまうので、正面気味の深いところに緩めのスピンサーブを打ってど詰め作戦に切り替えて功を奏してキープ。その後Nさんの超攻撃的なリターン・ダッシュ&ボレーが何本も決まって相手を圧倒。観客からも「おおーっ」という声が。最後まで攻撃の手を緩めず、8−3で押し切った。ちょっとでも守りに入っていたらヤバかったです。

いよいよ決勝戦。相手はスタイルがガラっと変わってハードヒッター系。でもこちらのほうがやり易い。序盤からガチンコの打ち合いで、ここでも相手のミス待ちではなく積極的にポイントを取りにいく。試合を重ねるごとに私もどんどん調子が良くなっていく。4−2リードとなり、相手の一人が弱気になってきたのでここで一気に攻める。小細工は一切なし。肩より上のボールは全部決めにいく感じ。7−2となり、2度キープされた方のサービス。これを全部リターン・ダッシュでブレークして8−2ゲームセット。

自分たちのプレースタイルを貫き、一歩も引かない攻撃的なテニスでの勝利。充実感120%です。優勝特典は横浜市民大会ダブルス本戦ストレート・インと横浜市の区対抗戦への出場。楽しみが一つ増えました。

遅めのランチの後にNさん家でコーヒー&ケーキのプチ祝勝会。つきちゃんと一緒にひらがなドリルを復習、やっと仲良しになれたね!

奥様、つきちゃん、寒いなか応援ありがとうございました!

関連記事:港北区民大会
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

港北区民大会

港北区民大会ダブルスのAクラス初日、朝から都田公園に行ってきました。ペアは港北区在住のNさん、PCB時代一つ上のキャプテンです。今でもときどき一緒にテニスをしてもらっていますが、ペアを組んで草トーに出るのはこれが初めて。今日はラッキーなことに素敵な応援団が一緒です。Nさんの奥様と4歳になる娘さん「つき」ちゃんです。つきちゃん、1ヶ月ほど前に会ったけど、おじちゃんのこと覚えてくれてるかなー??

さて、エントリー後さっそく控えに入り、10分ほどで前の試合が終わって「あれ、もうやるの?」とコートの中へ。すると、対戦相手の一人が「PCBのNさんですよね」と声を掛けてきた。僕はその瞬間に10年前にタイムトリップしたのでした。

関東学生庭球同好会連盟チーム対抗戦の準決勝、名門早大WTC戦。そのときに同期のK川と組んで対戦したO谷選手ではないか。ドロー表では所属がF通、どうやら実業団でプレーしているようだ。
遠い日の苦い記憶が鮮明に蘇ってくる。K田・O谷ペア、隙のない良いペアでした。あのとき私はコンタクトレンズで左目を傷つけ、片方の視力が著しく低下した状態で試合に臨んだのでしたが、結果ストレートで敗退。万全の体調で、おそらく勝てるかどうかギリギリのレベル。

いやいや、まいったぞ。港北区の大会ということで会社所属で出場しているのですが、会社のみんなからは「ちゃんと会社ロゴ入りウェアで宣伝してきてくださいよ」と言われ、律儀な私はちゃんとロゴ入りウェアを着ちゃってるわけで。更にみんなの前で「最近調子いいし楽勝っすよー」だなんて大見栄を切ってしまったわけで。。。うーん、これは初っ端で負けるわけにはいかないぞー。

試合方法は8ゲームマッチ。高まる気持ちを抑え、お互いにサーブ4本打ってトスをする。トスに外れてO谷選手のサービスゲームから始まった。切れのあるスピンサーブがバックの深いところに入ってくる。私はバックのスライスで足元に沈めるクロスリターンとストレートロブを交互に打ってみた。ブレークポイントを迎え、またもやバックでストレートロブ。O谷選手にカットされたボールをフォアで叩きブレーク成功。その後サービスキープが続き3−1リードとなった。O谷選手のサービスを再びブレークして4−1。絶対に負けられない試合、ベースラインからは、調子良さげなフォアはとりあえずフラット気味に速い球を打ち、バックにきたらロブを交えて慎重なプレーを心がけてみた。逆にボレーでは、攻撃的にネットに詰めて何度もポーチに出た。5−1リードから再びブレーク、私のサーブをキープして7−1。よし、ここまでくればもう大丈夫だろう。

1Gキープされた後、最後はNさんのサービスゲームを取って8−2で勝利。久しぶりにプレッシャーを感じた試合でしたが、冷静にゲームメイクできてよかったです。

試合後、O谷選手を交え3人で昔話に花が咲き、ぜひ今度一緒にテニスしようと連絡先を交換したのでした。

で、今日の試合これまで。なんとまあ。続きは6日(日)です!
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

都リーグ戦@大宮

日曜に都のリーグ戦がありました。朝6時に起床し大宮まで遠征、9時過ぎに会場に到着です。
試合前の練習タイム、ストレッチしながら相手選手を観察してみました。手強そうな選手が二人います。どうせやるなら彼らとやりたい!ダブルス#1がいいとN君におねだり。思惑どおり彼らのうちの一人が相手となった。もう一人はアップしていなかった選手でどうもキャプテンっぽいですね。ペアを組んでもらうのはポイントゲッターのI選手。そして試合前の対戦相手とのラリー。おお、全然ミスらないぞ。。。

トスに勝って私のサービスから試合開始、強い向かい風の中を低めにスライスサービスを打ちネットダッシュ。鋭いリターンがくるぞとちょっとチキッてたのですが、意外にもミスが多くとりあえずはキープ。コートチェンジをして相手のサーブ、これをあっさりブレーク。I君のサービスゲーム、追い風からスピンサーブでサーブ&ボレー。しかし私のボレーがしょぼくてブレークされて2−1。しかしその後は一方的な展開となり、終わってみれば6−1、6−0で勝ち。I君の足元に沈むライジング・リターンと軽快なネットプレーは実に頼もしかったです。

ダブルス#2とシングルス#2は敗れてしまったものの、I君と後輩選手のシングルスはストレート勝ち、チームも勝ってめでたしめでたし。

でも実は、私の連絡ミスがあって後輩が時間を間違えて遅刻してしまったのです。出場できるかどうか朝はヒヤヒヤものでした。皆様どうもご迷惑をお掛けしまして、ホントにごめんなさいです。

全然話は変わりますが、帰りに立ち寄ったくるま*ラーメン(チェーン店)、はっきり言ってヤバかった。。。チャーシュー麺を頼んだのですが、スープはニンニクと油の味だけ、サービスのライスもボソボソ、ギョーザも??って感じ。スープの油なんて食べ終わった後に膜が張ってましたよ、そう暖めた牛乳みたいに。トホホです。

胃がもたれてぐったりしながらもN君の車で無事帰還、シャワーを浴びて再び外出です。地元テニス友人の結婚式ニ次会に行ってきましたー。TさんKさん本当におめでとうございます。そうそう、パーティー会場で面白いネタ発見したんです。これは別途アップしたいと思います。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

05年秋 多摩社会人リーグ2R

アップするのが遅くなってしまいましたが。。。先週末に多摩シャカの試合がありました。先月行われた1Rでは某大手電気メーカーH社@青梅と対戦、長谷川さん(PCB時代の先輩)と私はダブルス1に出場し6−1、6−2で勝利、チームも勝ち2回戦進出です。2Rの相手は某大手電気メーカーO社@高尾。二日に分けて消化することになり、今回はダブルス#3と#5の2試合のみです。来週都合のつかない私はお馴染み長谷川さんとD3に出場、6−1、6−1で勝利。D5も7−6、6−1で勝ち幸先のよいスタートを切りました。昨年秋にレギュラーメンバーが揃わなかったこともあり残念ながら3部に降格してしまいましたが、今年は優勝を狙って2部返り咲きを果たしたいところです。

それにしてもこの日は本当に暖かい一日でした。天気予報では雨だったのですがみごとに外れましたねー。この陽気に、夏だと勘違いしてしまったのでしょう、コートの脇にある桜の木にはミンミン蝉がミーンミーンミーと元気よく鳴いていました。隣の小学校では運動会が行われていまして、懐かしいなあと金網越しにちびっこ選手がグラウンドを駆け回る姿をしばし眺めておりました。

関連記事:軽井沢単独釣行
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。