2007年10月12日

滋賀県、公共事業との決別へ(2)

いやあ滋賀県は本当に素晴らしいですね!甲斐中辰夫裁判長も素晴らしい!!
偉大なる山本素石先生もきっと天国で微笑んでいることでしょう。

滋賀・永源寺第二ダム、国敗訴で計画白紙に
国が滋賀県東近江市に建設を計画している農業用の「永源寺第二ダム」に反対する地元住民が、農相に事業計画の取り消しを求めた訴訟の上告審で、最高裁第一小法廷(甲斐中辰夫裁判長)は11日、国の事業計画を違法とした二審・大阪高裁判決を支持し、国の上告受理申し立てを退ける決定をした。ダム建設計画は白紙に戻され、農水省は事業計画を策定し直さなければならなくなる。
******************************

究極の無駄と自然破壊
長野は公共事業に逆戻りなのか・・・
滋賀県、公共事業との決別へ


posted by チームイワナ初代名誉会長 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。