2007年08月30日

究極の無駄と自然破壊

ダム建設費膨張9兆円・149基調査、当初計画比1.4倍
国土交通省が全国で建設中のダム149基の建設費が約9兆1000億円と当初見積もりの約1.4倍に膨らんでいることが日本経済新聞の調べで明らかになった。工期の延長や設計変更などが主因で、見積もりの約16倍の建設費を計上しているダムもある。無駄な公共事業の見直しで、いったん建設を凍結したダムでも建設再開の動きがあり、さらに建設費が膨らむ可能性が大きい。
******************************

無駄なダムで無駄使い。自然破壊と財政悪化でダブルの無駄です。9兆円に膨らんだダム建設費は国民負担です。もちろん郵貯資金もたっぷり使われています

郵貯の資金流出が止まりません
 いつ解約禁止となってもおかしくないですね。

国の財政は既に破綻状態なのに、日本は一体何をやってるんでしょうか。

関連記事:
政、官、財、ヤクザの腐敗構造は・・・
長野は公共事業に逆戻りなのか・・・
滋賀県、公共事業との決別へ
がんばれ北海道!
サンル川を守ろう


posted by チームイワナ初代名誉会長 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。