2021年03月17日

ちょうど1年になりますね

はやいもので、海外株式の購入を再開してから1年が経ちました。

2020年3月17日 NYダウ暴落と数年ぶりの海外株式購入
http://teamiwana.seesaa.net/article/474079331.html

2020年5月9日 海外株式のポートフォリオ入替:第二ステップ
http://teamiwana.seesaa.net/article/475003696.html


最初の6週間は、第一ステップとして原油関連を中心とした
リバウンド狙いのキャピタルゲインが主な目的でした。

7週目(5月2週目)以降は、第二ステップとして
長期保有の配当再投資メインにシフトしています。

感情に流されず着実に計画遂行するために以下のルールを定めました。

・長期保有目的の厳選済資産株 約50銘柄に絞る
・産業セクター、地域(通貨)、購入タイミングを分散する
・1回の取引を30万円前後にする
・購入株価から15%以上下落したら買い増しをする
・1銘柄に集中投資しない
・わからないものには投資しない


振り返ると、ほぼ当初の計画どおり進めることができて
現在も購入を継続中です。

急落時のためのまとまったキャッシュを確保しつつ、
今年も来年も全力投資します。

おかげさまで海外株式ポートフォリオの時価総額は着実に増加。

現在の住まいと同じ立地条件で、より広い部屋の新築マンションを
一括で買える規模となっています。

生涯キャッシュフロー表で資産管理しているのですが、
2〜3年後には完全リタイヤできる目途が立ちました。

夢の配当生活です。

怖いのはインフレ・円安ですが、この対策は万全のつもりです。

とはいっても、本当にリタイヤしちゃうと1ヶ月くらいで暇人でしょうから
まだ引退はしないですけどね。

家事やプライベートと、仕事の両立はなかなか大変です。
ここだけの話、平日はほぼ私が家事担当なのです(汗)

でも、仕事にやりがいを感じていますし、
私を必要としている人が大勢いますし、
人生をかけた大きな使命がありますので、

振り返らずにひたすら邁進あるのみです。


それでも、いつでも引退できるという状況に到達できたのは
非常に心強いものがあります。

失敗を恐れずに何事もチャレンジすることができます。

お世話になっている全ての方と、しのぶんにマジで感謝です。

順調にいけば、2年後には海外株式の比率が
全資産の50%に達するはずですので、
その後は配当再投資だけにしたいと思います。


相場のほうですが、懸念していたNasdaqが急落しましたね。
先週に新規で3銘柄を購入しました。

ヘルスケアの革新的企業と、資源・鉱山関連、そして半導体です。

昨年からどんどん株価が上昇してしまって買い逃していた銘柄でしたが
半年前の安い株価で買うことができて良かったです。

保有銘柄は合計28銘柄となって、ある程度の分散化が進みました。

しかしまだセクター別で大きな偏りがあるので
今後はこのバランスを整えながらの購入となっていきます。


実は、デスクワークばかりで首を痛めてしまい、
週2ペースで整形外科にリハビリに通っています。

なんだかんだいっても健康第一ですので
無理はせずにストレスともうまく付き合いながらやっていきたいですね。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 00:42| Comment(0) | 金融・経済・社会・資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]