2020年06月05日

米国市場大幅続伸と海外株式投資方針

Stock market news live updates: Stocks surge as US economy unexpectedly adds 2.5M jobs in May
https://finance.yahoo.com/news/stock-market-news-live-june-5-2020-221711542.html
Emily McCormickReporter,Yahoo Finance•June 5, 2020

Stocks spiked on Friday after data showed the coronavirus-stricken U.S. economy unexpectedly added jobs in May.

The Dow advanced more than 2% shortly after market open, adding more than 700 points. The 30-stock index hit its highest level since March 4. The S&P 500 also rose more than 2% and hit its highest level since February 26. The Nasdaq Composite rose about 1.7% to the highest level since February 20, and was just 1% off its record highs from February 19.

The Labor Department’s jobs report Friday morning stunned market watchers, showing that the beleaguered economy added 2.5 million jobs last month, when consensus forecasts had called for another 8 million payrolls to be slashed. Meanwhile, the unemployment rate rose to 13.3%, well below expectations of a surge to 19.5%.
ーーーーーーーーー

米国の失業率が予想に反して13%台まで改善して、米国株式が大幅続伸となっています。この流れが続くとよいのですが、実体経済はむしろ悪化していますので(企業業績の悪化)このトレンドが続くようには思えないのですが。ロックダウン解除で営業再開となっても元の売り上げ水準に戻るのは1〜2年後になるはずですから。

さて、3月から購入を進めている海外株式ですが、先月に新規で3銘柄を追加して、合計8銘柄となっています。
計画どおり今年購入予定総額の25%ほど買い進めた形です。

8銘柄の総合年利回りはちょうど12%。
売却済み3銘柄の実現利益と、保有8銘柄の含み益を合わせると、大卒初任給の5ヶ月分を超えてきています。

*この8銘柄には自社株2社(NYダウとSP500組入銘柄)の含み益は含めていません。

しのぶんも先週ようやく1銘柄購入できました。
配当利回りは14%で、含み益もすでに15%を超えています。
(年14%だとハイリスクと思われますが、実態は超安定高収益企業です)

しかし、米国株ちょっと上がりすぎですよね。
3月に購入した銘柄(保有株式1)は85%の含み益です。

http://teamiwana.seesaa.net/article/474937865.html

来週以降も上昇するようなら一部の利益確定を検討したいと思いますが、売る必要はないので正直悩みます。

「3〜5月にもっと多めに購入しておけばよかった」

と考えてしまいがちですが、あくまでも結果論にすぎませんので意味がないことです。

というわけで今後も計画どおり購入を進めていきますが、今月は少なめになる可能性が高そうです。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 23:41| Comment(0) | 金融・経済・社会・資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]