2020年05月13日

NYダウ続落 リバウンドは終わったのか?

Stocks fall after Powell warns of 'lasting damage' due to coronavirus
https://finance.yahoo.com/news/stock-market-news-live-may-13-2020-221848805.html
Emily McCormickReporter,Yahoo Finance•May 13, 2020

Stocks cut gains from the pre-market session and opened lower Wednesday, as traders eyed commentary from Federal Reserve Chair Jerome Powell.

In his comments, Powell undercut hopes of a quick V-shaped recovery for the U.S. economy amid the coronavirus pandemic, saying that a deep, long downturn could “leave behind lasting damage” to economic productivity.

“The recovery may take some time to gather momentum, and the passage of time can turn liquidity problems into solvency problems,” Powell said during his webcast appearance with the Peterson Institute for International Economics, according to prepared remarks.
ーーーーーー

NYダウが続落です。パウエルFRB議長の「経済危機は続く」発言があったそうで。

世界経済・金融の動向を見ていくうえで、世界株式時価総額の60%を占める米国株の動きを抑えておくことは重要かと思います。
在宅で時間があるので毎晩10:30に株価チェックするようになってしまいました。本来は週1〜2程度のチェックで充分なのですが。。。

参考:世界45か国 2020年4月の時価総額
https://myindex.jp/global_per.php

投資でも仕事でもイワナ釣りでも、勝負するときは最悪のケースも想定しておき、そのときの対策を決めておく、というのが私のリスク管理のスタンスです。(普段はボケーッと過ごしてます)

ワーストシナリオで、金融危機とともに今後の大底NYダウ1万ドル、日経平均8500円程度、そこから急回復があるとしても現在の株価水準程度。急回復がない場合は2〜3年は低迷が続く。

このシナリオを想定に入れた計画にしています。

ベストシナリオとしては、金融緩和によるバブルで引き続き株価が上昇して金融危機も発生しない(考えにくい状況ですが)と思いますが、この場合でも計画どおり買いあがっていくだけですのでやることは一緒です。


先週に3銘柄を現金化して、株式ポジションを下げて今後の下落の備えは完了しています。
売却した3銘柄は10%ほど下落しているので、再度リバウンドするかもしれませんが配当が期待できないのでとりあえずいい判断だったかと思います。
私名義分の年内購入資金はまだ80%以上残っていて、これからが第二ステージの本番です。

しのぶんも今年と来年の2年間で過去最大規模の株式購入を計画していますが、こちらはまだ保有ゼロ。
「マスクが欲しい〜」から、最近は「はやく〇〇株が欲しい〜」と駄々をこねていますが、「だいじょうぶだいじょうぶ、これからバーゲン価格でたっぷり買えると思うよ」となだめています。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 23:52| Comment(0) | 金融・経済・社会・資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]