2014年07月20日

信州の渓で轟音岩魚釣り(3)

数は大したことはないが、今回は型が非常に良い。
30cm級の岩魚が5匹も釣れたのだ。
リュックがずしりと肩にくい込んで、(昔痛めた)左膝も痛くなってきたので、最後のおにぎりを食べて、魚の腹を割いてから下山した。

拾った枝を杖にして細い杣道を下る。
崖から見下ろす沢はあいかわらず真っ白な激流でほとんどポイントが消滅していたが、
それでもところどころに絶好のポイントが見えた。

膝が心配で迷ったが、竿を出さなかった区間の数か所で斜面を降りて竿を出した。
釣れると思った場所から必ずイワナが釣れた。

小さなものは放して、28cmと30cmの大型岩魚を2匹追加した。

2014 0715 3.jpg
今回最後の1匹。堰堤にはたいてい大型岩魚が潜んでいる。
大きな岩の下に泳いでいる姿が見えて、20cm前後の岩魚を釣ってからその後15分くらい粘ってようやく釣り上げた。
水中にいる魚は実際よりも大きくみえるからドキドキしてしまう。

2014 0715 4.jpg
後日3枚におろして天ぷら&から揚げにした。ほとんどが冷凍保存だ。

終わり。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り・アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック