2007年01月06日

「幻の魚」はイトウだけじゃないぞ

「幻の魚」イトウ、絶滅寸前・米グループが警鐘
北海道や、サハリンなどロシア極東の限られた地域にしか生息していないサケ科の大型魚で「幻の魚」とも呼ばれるイトウの個体数が減少、絶滅の恐れが非常に高まっているとの調査結果を、米国の研究機関「ワイルド・サーモン・センター」(オレゴン州)などの専門家グループが6日までにまとめた。グループは、サケ漁に混獲されるイトウのデータなどから、ロシア極東の主要生息域での個体数が、過去30―40年間に98―99%も減少したと推定。日本企業も出資してサハリンで進む大規模石油・天然ガス開発「サハリン2」や、北海道でのダム建設や河川の水質汚染などが生息状況をさらに悪化させる恐れが高いと指摘した。イトウは、日本の環境省や北海道も絶滅の恐れがある生物種のリストに掲載しているが、行政による保護策は皆無に近く、漁獲規制もほとんどない。専門家は対策の強化を求めている。〔共同〕 2007年1月6日 (12:17)
******************************

幻の魚イトウ。釣りキチの間でときどき話題になります。生物多様性情報システムで検索したところ、イトウは絶滅危惧種IB類にランクされていました。これ、なかなか面白いので色々検索してみました。国内だけでも、イトウより絶滅の危険性が高い魚は沢山いるんですね。
これら在来希少種の存続を脅かしている原因とその時代的変化に、河川改修、水量の減少による河床浄化機能の低下、土砂流出による水質汚濁等の人為的営為による生息環境悪化の他、ブラックバスやブルーギルといった外来魚侵入が挙げられていました。

<分類群:汽水・淡水魚類>

絶滅: 我が国ではすでに絶滅したと考えられる種
     クニマスなど3種

野生絶滅: 飼育・栽培下でのみ存続している種
       該当なし

絶滅危惧: 絶滅のおそれのある種

I類: 絶滅の危機に瀕している種

IA類: ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種
     ミヤコタナゴやイタセンパラなど29種

IB類: IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種
     イトウ、シナイモツゴなど29種

II類:  絶滅の危険が増大している種
     ムツゴロウ、メダカなど18種

準絶滅危惧: 現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種
       オショロコマ、タナコなど12種

その他、絶滅のおそれのある地域個体群に、紀伊半島のイワナ(キリクチ)と西中国地方のイワナ(ゴギ)が含まれていました。ヤマトイワナも近いうちにランクインされてしまうかもしれません。

関連記事:
外来魚駆除釣り大会@琵琶湖
ブラックバスの再放流禁止や駆除は適法・大津地裁判決
↑コメント欄に書いた通り、原告側のバス釣り愛好家の中にタレントの清水國明氏がいます。
北海道ツアー:知床編<世界遺産登録記念>
↑オショロコマの画像があります。


posted by チームイワナ初代名誉会長 at 21:05| Comment(6) | TrackBack(1) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりでございます。(今年も宜しくお願いします。)
イトウに限らず、絶滅の危機に瀕している魚は沢山
いるんですよね。
北海道は、毎年のように出掛けているのですが、感じるのは
交通網(高速道路や高規格国道)の発達です。
地元の方、旅行者にとって便利になるのは嬉しいのですが
自然が減っていくのはなんとなく忍びない。
外来種の駆除だけでは「既存種の保護」は済まない気がします。
P.S.
トラックバックさせて頂きました。 <( _ _ )>
Posted by アルテミス at 2007年01月07日 18:35
アルテミスさん、こんばんは。お久しぶりですね。
日本には四季があり、美しく繊細な自然があり、多種多様な動植物がいましたが、開発や汚染、外来種の移入などにより、「あるがままの自然」が激減してしまいましたね。悲しいことです。

毎年北海道に行かれているなんて、それは羨ましい。私はまだ2度しか行った事がありません。でも、あの佐呂間トンネルは必要ないですよね。。。公共事業こそが自然破壊の元凶だと思っています。

トラックバックもありがとうございました。
Posted by チームイワナ at 2007年01月08日 00:48
>>毎年北海道に行かれているなんて、それは羨ましい。
実は、僕の両親が定年後に北海道に移住しまして(笑
住んでいる所は、二風谷ダムで騒がれた平取町です。
あのダムは見た目も全く自然と調和して無く機能的にも
「無用の長物」と言われてますね。
平成15年の台風の時も、氾濫した地域が出たそうで。(苦笑
税金の無駄遣い。というか、利権の為にだけ乱開発が
北海道のあちこちで進められているように感じます。
Posted by アルテミス at 2007年01月11日 17:41
ご両親が北海道に移住されたのですか、それは素敵ですね。二風谷ダム、あれはアイヌ人にとって悲劇でしたね。。。

サンル川を守ろう
http://teamiwana.seesaa.net/article/12328005.html
Posted by チームイワナ at 2007年01月11日 22:35
清水国明氏は地裁判決後に原告から降りております。理由は分かりませんが。
なぜか故郷山梨の河口湖で事業を行っているようです。業界が清水氏を使ってブラックバス擁護に回ったのかもしれません、ちなみに清水氏に最初にフライフィッシングを教えたのは、今は亡き芦沢一洋氏(山梨出身、早稲田卒)です。
Posted by 鎌倉おやじ at 2007年01月17日 12:06
鎌倉おやじさん!
情報ありがとうございます。そうだったのですか。なるほど、業界が清水氏を利用した、ということなのかもしれませんね。
芦沢一洋氏は初めて聞く名前です、チェックさせていただきますね。
Posted by チームイワナ at 2007年01月17日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

快晴!!・・・・・と思ったら、凄い風。(>_<)
Excerpt: 9時半頃に目が覚めると、外は少し寒いながらも快晴。 (おいおい、天気予報ハズレてるじゃん。)と思いつつ、 朝食を摂ってから「ばるな」の散歩へ。 富士山は、全体を厚い雲に覆われて拝むことが出来 ..
Weblog: アルテミスの徒然日記
Tracked: 2007-01-07 18:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。