2005年04月21日

写真家 星野道夫の世界

アートのコーナーを新設致しました。こちらでは、個人的にお気に入りのアーティストを順次ご紹介していきたいと思います。といっても、それほど沢山いるわけではなくて、3、4人くらいです。

最初にご紹介したいのは星野道夫(1952年ー1996年)。とても有名ですのでご存知の方も多いことでしょう。写真家の彼は、アラスカを舞台に野生動物と厳しくも美しい自然を追い求め、数多くの作品を残し人々を魅了しました。しかし残念なことに、1996年に取材先のカムチャッカ半島でヒグマに襲われ、命を落としてしまいます。

星野道夫公式ウェブサイト
がありますので、ご興味のある方は一度覗いてみてはいかがでしょうか。忘れかけていた「何か」を思い出すかもしれません。

409411193X.09.LZZZZZZZ.jpg

一番のお勧めはこちらのスライドショーです。どなたもきっと心が癒されるはずです。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(3) | アート・文学・ショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
星野道夫さんはなんとなく知っているよ。ガイヤシンフォニー3番というドキュメンタリー映画に出演していた人だよね。といいつつこの映画はみていないけど、とてもいい映画らしいよ。ただDVD化もされていないし、とても限られた映画館でしか上映されていないんだよね
Posted by タニグチ at 2005年04月23日 10:14
タニグチさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。最近テニスの調子はいかがですか?

星野道夫さんの写真はいいですよね。とても癒されます。ガイヤシンフォニー3番ですか?初めて聞きました。どこの映画館で上映しているのでしょう?気になります。。。
Posted by 初代名誉会長 at 2005年04月24日 00:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

森に還る日―Michio’s Northern Dreams〈4
Excerpt:  冒頭見開きの森の写真を見て、数え切れない命が集まって一つの生命体を形作っていると感じました。ナウシカに出てくる地下の世界のように、森は新陳代謝を繰り返しています。枝からぶら下がるサルオガセ類が空気中..
Weblog: まことの部屋
Tracked: 2007-09-30 13:04

森と氷河と鯨―ワタリガラスの伝説を求めて
Excerpt: 写真家の星野さんが、その尊い命をかけて、いろんな人との出会いを通じて、ワタリガラスの伝説を求めて旅をするお話。森には、魂が、不思議な力が宿っています。「ボブは、現実の世界では見えにくい、不可解な世界の..
Weblog: りこのblog
Tracked: 2008-01-23 23:48

全東洋街道 下 (2) (集英社文庫 153B)
Excerpt: チベット山獄寺では家畜用の餌の様なフスマ(チベット僧の主食である粗末な食べ物)を喰らい、ビルマでは金色塔から発せられる電波によって黄金の催眠術に身を浸し、上海では上海蟹の惨劇に遭遇・・・。全東洋街道道..
Weblog: まことの部屋
Tracked: 2008-01-28 16:09