2007年01月04日

2006年を振り返って:環境

地球温暖化問題がメディアで大きく取り上げられた年だったように思います。日本は京都議定書で先行しているようにも思えますが、裏では温室効果ガス排出権の購入争奪戦が繰り広げられていたりと、取り組みの実態は?なところも多いです。

温暖化問題は食糧問題でもあります。食糧を海外に60%も依存している某国は、自給率改善に本腰を入れて取り組むべきです。今、エネルギー&食糧が主要国における外交上の戦略物資となりつつあります。

技術革新による省エネルギーの可能性やエコシステムに期待しつつ、個人レベルでエネルギーや食糧の無駄な消費を極力抑えていきたいものです。

*温暖化で地球カレンダーが加速したようにも思いますが。

国内に視点を戻すと、地方では対極する二つの動きがありました。滋賀県長野県です。行方を見守りたいと思います。

本記事に戻る


posted by チームイワナ初代名誉会長 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。