2012年02月11日

TOEIC結果:2012年1月

先月25日に会社でTOIECを受験しました。

実は、3.11巨大地震以来、一度も勉強してませんでした。
前回の受験結果をアップして、やる気満々になってスコア900取得宣言をしたのが、地震前日の3.10。

宣言した<2011年のノルマ>なんて、何一つやることができなかった。。。
巨大津波と放射能汚染で、もう英語どころの話ではなかったですよ。
あまりにもショックが大き過ぎて、やる気そのものが完全に萎えてしまった。。。

・・・言い訳です。我ながら情けない。

昨年末にボスから、「来年1月にTOEICをやるので営業は全員受けること」と指示があって。
(毎回同じ指示があるのですが)
昨年夏に実施された時は知らん顔でブッチできたのですが、さすがに今回は無理でした。

仕方ない。。。
でも、やると決めたらやる。
それから約1ヶ月間、空いた時間はほぼ全てTOEIC対策をしました。

結果はこちらです。

DSC_0387.jpg

DSC_0388.jpg

DSC_0390.jpg

直前にやったこと
1.「新TOEICテスト900点特急 パート5&6」を新規購入。
  ・無料音声ファイルをダウンロードして何度もリスニング
  ・巻末の復習英文リストを穴埋め問題に改造

2.「1日前にやる新TOEIC TEST 直前ガイド+模試」
  ・前回受験(1年前)1ヶ月前に購入したもの
  ・音声をPM3に落として通勤時等にリスニング

3.「新TOEICテストBEYOND990超上級問題+プロの極意」
  ・前回受験直後に購入したもの。見事に「お蔵入り」してました。
  ・これも音声をPM3に落として通勤時等にリスニング

4.その他、昔購入した教材の問題をざっと。

受験時の反省点
1.リスニングテスト中、隣のミーティングルームから話し声が聞こえてきて、途中で何度か集中力を切らした。
2.リスニングテスト中、エアコンの音がとても気になった。(集中力を欠いている証拠ですね)
3.リーディングテストで、時間配分を間違えて20分ほど早く終わってしまう。
  終了時刻を15分早く勘違いしてしまったのです。時間がないと焦り、後半かなり雑に解いてしまいました。Part7の後ろから順に見直したところ、約25問中5問ほど間違いに気が付いて修正。残りの15問(#160−175)も見直しができればよかったです。見直し作業は同じ問題を二度読むことになるので「時間の無駄」ですね。

受験直前に顧客からクレームTELが入って、対応に追われたためか落ち着きを失っていたようです。借りた消しゴムも席に座る前に落としていて、直前になって気づいてアタフタしたし、テスト開始までに一度トイレに行こうかと思ったら、「今から開始〜」 とかになるし。テニスの試合と一緒で、落ち着いてないとダメ。

しかしながら、怪我の功名というか、二つ成果もありました。
リーディングPart5(主に文法、語彙問題)の正解率が反射的回答だったにもかかわらずほぼ100%だったということ。
それからPart5の40問を即答できたことで、Part7にかける時間をかなり作ることができました。Part7、特にダブルパッセージ問題は時間をかければかけるほど正解率が高くなるので、これは大きいです。

というわけで、、、
<2012年のノルマ> 今度こそ絶対に!!
@年に3回以上受験する!
A通勤・仕事の移動時間は可能な限りTOEICの勉強に充てる!
Bでも、週末はちゃんと遊ぶ♪
Cもちろん仕事は全力で!
 昨年に比べて担当企業とノルマが圧倒的に増えたので超大変ですが。
Dこれまで通りちゃんと家事もやる
 リスニングしながら掃除洗濯、英語レシピで料理する。
E晩酌は週1〜2日程度にして毎晩30分やる!
F毎朝ちょっとでもいいので暗記勉強する!

<戦略>
@効率の良い勉強を。
 スコア900以上をターゲットとしたハイレベル教材のみ活用。
A英語ニュースなど 聞き流しでなくディクテーションも行う。
 わからなかったワードやフレーズを確認、暗記する。
B苦手分野の集中トレーニング。
 文法は、もう十分のような気がする。
 あとは、とにかくリスニングの底力を上げないとダメ。
 今年はリスニング一本に注力!!!


posted by チームイワナ初代名誉会長 at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEICスコア900に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。