2012年01月08日

胸が痛い

昨日の午後、おやじっちさん、しおん君、ぶんしの、私の4人でテニスをした。
最初にしおん君やぶんしのの特訓をして、体が温まったところでおやじっちさんとシングル対決となった。

得意のフォアストロークが不調だったものの、バックのスライスとネットプレーでおやじっちさんの攻撃を防ぎ3−0リードとする。しかし、このあたりから右胸の肋骨のあたりが痛くなってきた。

プレーのたびに痛みは激しくなり、呼吸もつらくなってくる。
ここで1ゲームを失い3−1。
続いて私のサーブ。ミスを連発して0−40ダウンとなり、戦う気力を失いかけた。

「もう降参しようか・・・」
一瞬、そう考えた。

いや、それはダメだ。まだ私はベストを尽くしていないではないか。
新年早々に苦しみから逃げていたのではちょっと情けないし、それにおやじっちさんにとっても失礼だ。

*おやじっちさんのテニスに対する想いはとても熱く、それはおやじっちさんHP「捲土重来」のテニスサイドをご覧いただければわかります。

捲土重来
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pen/6304/
テニスサイド
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pen/6304/tennistop.htm

ベースラインからフォアでエースが期待できない。
ネットプレーもしんどい。
ならば、しこるしかない。

傍から見ていると恰好悪かったと思う。
ストロークやネットプレーで攻められるが拾ってロブを返す。
粘った甲斐がありデュースに追いつきキープ、4−1。

そのあとのプレーは、あまり覚えていない。
胸の痛みを堪えながらとにかく一球一球に集中した。
最後はおやじっちさんのサーブをブレークして6−2ゲームセット。

みんな心配してくれたが、実は10数年前にもテニス中に同じ症状を経験していて、そのときは数日で痛みが消えたのできっと大丈夫だと言った。

休憩したら落ち着いてきたので4人でダブルスをした。
たしかに激しく動かなければ大丈夫だった。

ところがである。
ぶんしのが珍プレーを連発しやがったのだ。
笑うたびに胸に激痛が走ってコートにうずくまる。
そんな私を見てみんなが笑う。

「マジやめてくれ、ホントに痛いんだからって・・・」

こうなるともう、我慢大会だった。
みんなと眼を合わすと、やめてって言ってるのにニヤッとした表情を見せるので、できるだけ眼を合わさないようにする。

ぶんしののリターンを前衛のしおん君がボレーした。
ボールはラケットのフレームに当たって頭上に飛んで、しおん君の脳天でポコンと跳ねた。

3人が大爆笑した。
私はあまりの激痛に声も出ずコートに倒れこんだ。
しおしおよ、オレを殺す気か。。。

この胸の痛みは、素人判断だけどおそらく肋間神経痛ではないかと思う。
昨夜は寝返りを打つのに苦労してあまり眠れなかった。
今日はだいぶ良くなっているが、深呼吸をしたり上半身を大きく動かすと痛い。
もし明日以降痛みが続くようなら病院に行かなければならないかも。

まあ、こんな時はこの曲を聴いてしんみりしちゃいましょう。

http://www.youtube.com/watch?v=wQk9nFYPYMI


posted by チームイワナ初代名誉会長 at 17:50| Comment(2) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「笑わしてはいけない」という呪縛が余計に「笑わしてしまう」という結果につながったのだ。
だって 笑顔で痛がってるんだもん!
しのぶんとしおんは天然だと思うが(笑)

3年間入院しなかったので
シングルス復活します!
また相手してね!
Posted by おやじっち at 2012年01月08日 21:19
超笑えるbutメチャ痛い
いやあホント参りました(笑)

2日後夜、今度は左胸が痛くなって目が覚めました。少し無理しちゃったみたいですね。
当日電話いただいた後も30分ほど痛みが続いておとなしくしてました(笑)

おやじっちさん最近体調良さそうで何よりです。

痛みも消えて昨夜からストレッチ再開しています。テニスぜひまたお相手お願いします★
Posted by チームイワナ at 2012年01月13日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。