2020年06月25日

大恐慌に次ぐマイナス4.9% IMF「前代未聞の危機」

20年世界経済見通し 大恐慌に次ぐマイナス4.9% IMF「前代未聞の危機」
https://news.yahoo.co.jp/articles/588ab8c60c1598eb3bd2b6b89e0ea068d2d21fcc
6/24(水) 22:00配信

毎日新聞
国際通貨基金(IMF)の本部=米ワシントンで

 国際通貨基金(IMF)は24日発表した最新の世界経済見通しで、2020年の世界全体の成長率をマイナス4.9%(前回4月時点はマイナス3.0%)に引き下げた。新型コロナウイルス感染拡大に伴う各国の経済的損失が想定以上に深刻化し、回復も緩慢になると分析した。感染の収束を前提にして21年の成長率はプラス5.4%に急回復すると予測したが、感染の第2波のリスクなどから「見通しの不確実性は高い」と警告した。

 世界経済はリーマン・ショックに伴う金融危機の影響を受けた09年(マイナス0.1%)をはるかに超える落ち込みとなり、1930年代の世界大恐慌に次ぐ規模の景気後退に陥ることになる。下方修正の理由についてIMFは「4月以降の経済データで、いくつかの国の景気後退が想定以上に深刻化している」と説明。感染への警戒や先行きの不透明さから、消費の低迷や企業活動の停滞が長引き、景気回復には一段と時間がかかると見込んだ。IMFは「前代未聞の危機であり、回復も不確実なものになる」とみている。

 国・地域別の20年成長率では、新型コロナの感染・死者数が世界最多の米国はマイナス8.0%となり、19年のプラス2.3%から大幅な悪化を予測。大恐慌が起きていた32年のマイナス12.9%や、第二次世界大戦直後だった46年のマイナス11.6%に次ぐ深刻な景気後退になるとの見通しを示した。

 感染拡大が最初に起きた中国は、プラス1.0%と見込んだ。19年の6.1%を大幅に下回り、天安門事件の影響で経済が混乱した90年(3.9%)よりも低い。日本はマイナス5.8%、ユーロ圏と英国はいずれもマイナス10.2%の景気後退に陥ると予測した。ただ、第2波が発生すれば「成長率は更に押し下げられる」と下振れリスクが高いことを強調した。

 09年には、先進国全体でマイナス3.3%の同時不況に陥ったが、9.4%の成長だった中国など新興・途上国全体で2.8%の成長を維持し、世界経済を支えた。20年は先進国がマイナス8.0%、新興・途上国がマイナス3.0%と総崩れになり、世界貿易量も前年比マイナス11.9%に落ち込む見通しだ。

 21年の世界成長率はプラス5.4%と急回復を見込むが、前回4月の見通しから0.4ポイント下方修正した。また、世界経済の先行きは新型コロナの流行状況に左右されるとして、上振れと下振れの二つのシナリオも提示。21年初めに世界的流行が再発した場合、21年の成長率は現行の見通しより4.9ポイント悪化すると予測する一方、感染封じ込めが成功すれば3.0ポイント改善するとした。【ワシントン中井正裕】
ーーーーー

IMFの下方修正、シナリオ通りです。

おかげで本業は大変ですよ。
コロナの影響がでる前の2月末までに比較的大きな新規契約をいくつかまとめることができて、多少”貯金”があるのでよかったのですが、3月以降はガラッと変わってしまいました。

今年はもう気持ちを切り替えて「貢ぐ年〜」ですね(笑)
与えて、与えて、与え続けたいと思います。ユーザーの皆さま「貢物」を楽しみにお待ちくださいね。

というわけで、これから買いたい銘柄群(全部で30以上)もちょっとずついい感じの株価と利回りになってきました。
ウズウズ、でも焦らずガマン。
今月はまだ1株も買ってません。

何度も言及していますが、バブルと化したリバウンドは終わって、これからは実体経済(企業業績)悪化と金融危機リスクを見て下落傾向が続くと思いますので、来月以降にボチボチ買っていければと思っています。

PS.中古車もかなり安いので買い替えるかもです。
 (オークション入札中〜)
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 01:54| Comment(0) | 金融・経済・社会・資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

バブルと化したリバウンドは終わったのか?永久保存銘柄の購入に向けて

Stock market news live updates: Dow drops 800+ points after Fed decision, jobless claims
https://finance.yahoo.com/news/stock-market-news-live-june-11-2020-222011316.html

Stocks slid, with the S&P 500 and Dow pointing to a third straight session of losses, following the Federal Reserve’s monetary policy decision, in which policymakers highlighted the ongoing economic concerns spurred by the coronavirus pandemic and measures taken to contain it.

Market participants also eyed a rise in new coronavirus cases in key states including Arizona, Florida, North Carolina and Texas. Meanwhile, the Labor Department’s weekly report showed another 1.542 million individuals filed new unemployment insurance claims for the week ended June 6, coming down slightly from the prior week’s 1.897 million.
ーーーーーー

20200611.png

NYダウ6ヶ月チャート

20200611 5d.png

NYダウ5日チャート

3月22日の大底からの2ヶ月半で予想を超える大幅リバウンドとなりましたが、この3日間は比較的大きな下落となっています。

本日、3年前に設定したMet Low Target に到達した銘柄が1つあります。3月の大底にも到達していたのですが、あの場面では買えませんでした。

3年前から株価は半値以下です。今すぐ購入してもいいのですが、このリバウンドが終われば下げトレンドになると思っているので購入はまだしません。さらに15%以上下落してから購入スタートして、年内は毎月追加購入したいと考えています。ちなみにこちら、一生保有しておきたい超厳選銘柄の一つです、ようやく保有できそうでワクワクしています。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 23:18| Comment(0) | 金融・経済・社会・資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

米国市場大幅続伸と海外株式投資方針

Stock market news live updates: Stocks surge as US economy unexpectedly adds 2.5M jobs in May
https://finance.yahoo.com/news/stock-market-news-live-june-5-2020-221711542.html
Emily McCormickReporter,Yahoo Finance•June 5, 2020

Stocks spiked on Friday after data showed the coronavirus-stricken U.S. economy unexpectedly added jobs in May.

The Dow advanced more than 2% shortly after market open, adding more than 700 points. The 30-stock index hit its highest level since March 4. The S&P 500 also rose more than 2% and hit its highest level since February 26. The Nasdaq Composite rose about 1.7% to the highest level since February 20, and was just 1% off its record highs from February 19.

The Labor Department’s jobs report Friday morning stunned market watchers, showing that the beleaguered economy added 2.5 million jobs last month, when consensus forecasts had called for another 8 million payrolls to be slashed. Meanwhile, the unemployment rate rose to 13.3%, well below expectations of a surge to 19.5%.
ーーーーーーーーー

米国の失業率が予想に反して13%台まで改善して、米国株式が大幅続伸となっています。この流れが続くとよいのですが、実体経済はむしろ悪化していますので(企業業績の悪化)このトレンドが続くようには思えないのですが。ロックダウン解除で営業再開となっても元の売り上げ水準に戻るのは1〜2年後になるはずですから。

さて、3月から購入を進めている海外株式ですが、先月に新規で3銘柄を追加して、合計8銘柄となっています。
計画どおり今年購入予定総額の25%ほど買い進めた形です。

8銘柄の総合年利回りはちょうど12%。
売却済み3銘柄の実現利益と、保有8銘柄の含み益を合わせると、大卒初任給の5ヶ月分を超えてきています。

*この8銘柄には自社株2社(NYダウとSP500組入銘柄)の含み益は含めていません。

しのぶんも先週ようやく1銘柄購入できました。
配当利回りは14%で、含み益もすでに15%を超えています。
(年14%だとハイリスクと思われますが、実態は超安定高収益企業です)

しかし、米国株ちょっと上がりすぎですよね。
3月に購入した銘柄(保有株式1)は85%の含み益です。

http://teamiwana.seesaa.net/article/474937865.html

来週以降も上昇するようなら一部の利益確定を検討したいと思いますが、売る必要はないので正直悩みます。

「3〜5月にもっと多めに購入しておけばよかった」

と考えてしまいがちですが、あくまでも結果論にすぎませんので意味がないことです。

というわけで今後も計画どおり購入を進めていきますが、今月は少なめになる可能性が高そうです。
posted by チームイワナ初代名誉会長 at 23:41| Comment(0) | 金融・経済・社会・資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする